「EOS D30」開発者インタビュー

(後編)


「D30」開発スタッフへの3時間にも及んだこのロング・インタビュー。

後編では、絵づくりや耐久性、レンズなどについての話題をまとめてお届けします。


参加者
(以下、敬称略)

カメラ開発センター カメラ第3開発部部長 諸田雅昭
カメラ開発センター カメラ第5開発部部長 加藤得三
カメラ開発センター カメラ第5開発部カメラ51設計室室長 原田義仁
カメラ開発センター カメラ第5開発部カメラ52設計室室長 明石彰
総合デザインセンタープロダクト第1デザイン部P12デザイン室専任主任 熊倉雅一
半導体デバイス開発センターデバイス企画課課長 石崎明
デジタルカメラ商品企画課課長 前野浩

聞き手
山田久美夫





●偽色よりも素直な絵づくり

山田 本当にまだぜんぜん絵が見えていないので、どんな感じなのかぜんぜんわかりませんが、ただ、要はD2000とか6000系のああいう絵づくりに慣れたユーザーというのが、この絵を見て違和感があるのか、ないのかなというところが一つ、興味としてはあるんですよ。
それとあとは、CCD・RAWとJPEGの使い分けというのも当然あるでしょう。

原田 そういう意味ではカスタムファンクションに。

加藤 そうですね。結局、ユーザーの好みがあるので。

原田 実はカスタムファンクションというのが入っていまして、そのなかでアパーチャーなどをいくつか組み合わせて選べるようになっています。それでJPEGに関してはある程度いいでしょうと。CCD・RAWに関しては、実はハードウェアのエンジンのなかで、ある大きさとかそういったものの制限で入らなかったようなものというのが幾つかあるわけです。フィルターの大きさとかいろいろあるわけですよ。そういう類が基準化されています。ただ、基本となるところは、例えば色見が変わっちゃったりすると話にならないので、そういった基本は同じになるようにしてあります。

加藤 カスタムファンクションで、今回まだセットを公開していませんが、こちら側で設定してそれを選べるようにしている。

原田 ああ、リモートで設定する機能ですか。

山田 絵づくりとしてはわりと素直系の標準設定。

原田 そうですね。わりにアパーチャーは強くないようにしているつもり。D2000系とパワーショット系、一眼系とレンズシャッター系というと、真ん中よりどっちにしても一眼系のほうに持っていっています。ただ、やはり偽色嫌いだという人も確かにあって、D1見たときのショックは「なんでここまで落とさなくちゃいけないの」とアパーチャーが強かったです。意見いろいろですよ、これ(笑い)。結構強いですよね、ガチガチにもう偽色としてやっていましたから。そういう意味ではギャップはすごくあるんですけど。

山田 結構、偽色嫌う方っていますよね。僕はあんまり気にならないほうなんです、実は。

原田 ここらへんにいる人は、大体あんまり気にしない人です。加藤さん、違う?

加藤 僕はやっぱりムービーやっていたから気にします。単板やって、ああ、これはすごいなと思って。単板、なかなか偽色というのが消せなくて。

山田 そうですよねえ。絵はかなり期待していいということでいいですね。

原田 相当ターゲットを高く持って、いちおう絵づくりのメンバーに対しては。

山田 発表されたプリントが、妙になんだったとか、そういう話ではなくて、結構いいですね。

原田 あれは、何かコメントありますか(笑い)。

山田 発表会で配布したポートレートのプリントの印象って、今ひとつなんですよ、正直な話は。あれを見て、「なーんだ、CMOSか」って言った人がずいぶんいたんですね。すごーく悪いイメージがついちゃっているんで、かなりいいものを出しておかないと、ちょっとつらいかなっていうのは正直あると思うんですよ。

原田 CMOSとああいうものって全く関係ないものですけれども。絵づくりのものですから。あとは実際、チャートがどうかという話なんですけど。

山田 そのへんは期待するしかないので。

―なるべく早い時期に、ある程度満足できる絵を見て触れるようになることを期待していますが。

●シャッターの耐久性は?


山田 そうですねえ。まだまだ山のように残っているな。どうしよう(笑い)。
ちょっと聞きやすいところからいきますが、要するに耐久性なんです。僕自身はデジタルカメラを使っていて思うのは、普通の銀塩のフィルムだと、勿体ないからあんまり撮らないというのが出てくるんですけど、その写真集をつくるときは1週間で8000枚ぐらい撮ってきているんです。フィルム代に換算すると四十何万円分なんで、とりあえずこれの値段が二十何万円を1週間で償却したというのはわかるんですが、やたら押しちゃうし、それがすごくデジタルカメラの快感だし、そういう楽しみがあって、しかも山のように撮れるから写真がうまくなるカメラと僕は思っているんです。そういう意味での耐久性というのが一般的な35ミリ一眼レフよりもぜんぜん高くないと、結構厳しいかなと思うのですが、いかがでしょうか。

諸田 実はわれわれもそう思ってはいるんですが、シャッターの耐久性という意味では、特別にがーんと上がるという手は打っておりません。回数を公表できないんですが、例えばいろんな条件での精度だとか、そういったものまで保証するというと、そんなに自慢できる数字にならないんですけれど、例えば1/4000の精度はまあそんなに、多少狂ってもそんなところは使わねえからっていう使い方をすれば、シャッターはなかなか壊れません。ずいぶん持ちます(笑い)。

山田 要は平たく言うと、あんまり極端な無理はしていないので結構持つよ、というふうに理解すればよさそうですね。

諸田 そうですね。メカニカルな部分というのがやはり壊れるところがあるから、そういったところというのは、頑張っているカメラというのは苦しいわけです。いちおう「10万回保証」とか言いますが、ちょっと、結構厳しくなっちゃいますね。それ以下のカメラってあんまり何万回保証って言わないんですけれど、壊れないというところでは結構、壊れないものです。だからいま言われたように、デジタルだからバシャバシャバシャッと撮って、速くうまく上達できるぞというところでは、かなり端っこのほうを使わなければ達成できると。

山田 ということですね。

諸田 ええ。

――電子シャッター、いわゆるCCDシャッターではないんですね。いちおうメカニカルなシャッターという……。

前野 それは完全メカニカルです。

●CMOSセンサーのサイズは諸条件から

山田 話が前後するんですが、CMOSのセンサーのサイズなんです。サイズをなんであんなサイズにしたのかというのが、例えば一般に「35ミリサイズはいいよ」という話もいろいろあったり、「もうちょっと小さくても良かったんじゃないか」という話はあるのかも知れないし、そのあたりというのは何かあるんでしょうか。
石崎 まず、35ミリサイズ、これは半導体の製造装置の制約があるんですけれども、35ミリをすべてカバーするセンサーをつくろうとすると、1回の露光でつくれないんです。マスク台というのは、現在、1セット、ウン千万するんです。そういうセンサーをつくることは技術的に可能だと思っているんですけれども、じゃ、カメラの製品としてまとめる上で、そういうセンサーをつくってもいいですかというところに、やはり妥協点があったんじゃないかなと思います。

――このサイズであれば、そういう特別なものをつくらなくてもつくれたということですか。

石崎 そうですね。サイズではわりとその限界。

諸田 幸か不幸か、みんな揃っちゃったというところだと思うんですけどね。

原田 D2000のサイズがほぼ同じサイズですね。それからAPS・CPUなんかもこれで。だからEOSのシステムとして、精度とかそういった面でのバランスが取れているというのが一つあるし、先ほど石崎君が言ったように、これ、ニコンもそうですよ。ニコンもキヤノンもステッパー出していますが、あのへんでのちょうどバランスのいいところなんです。

石崎 だからもちろんその製造装置というのはキヤノンとニコンがつくっています。

●デジタル一眼レフ専用レンズは作らない!


山田 ですよね(笑い)。
それに関係してレンズの話をちょっと聞いておきたいのですが、今回のカタログのスペックを見て、内蔵ストロボはなんで18ミリからカバーって書いてあるんだろうというのがいちばん気になってて、「18ミリなんてないよな」っていう。ということは18ミリからの玉ってあるのかなというのがあったりするんですが。

諸田 これは結局、計算上、28ミリが1,6倍で。もともと17ミリのレンズというのもありますが、あれは内蔵ストロボ、ケラレちゃうんです。

山田 ケラレますよね。

諸田 ということで、17にこだわるあれもなかったし、計算上の数字を出してしまったと。

山田 計算上の数字なんですね。内蔵ストロボがケラレない18ミリからの玉というのがあるのかなと思ってしまった。

諸田 そう思われたんだろうなということなんですが。

山田 でも、極端なワイドは別にしても、わりと常用域の玉として何か1本、いい玉があってもいいのかなというのがごく素直なところなんですが、そのあたりというのは、同時発表されなかったにしろ、何か考えていると思うんですが、どうなんでしょうか。

前野 その発想が素直であるということは同意をいたしました。ただ、今後どういうレンズが出るかというのはお話できないので申しわけないんですけれども(笑い)。

――例えばキヤノンさんとして、このデジタル専用のレンズをつくられるような可能性はありませんか。

前野 APSのときにもキヤノンは専用レンズをつくりませんでした。これはやはりレンズ専用というのはEFマウントでやめようというのは、かなり大きい考え方としてあります。ですからデジタル専用というのは、よほど市場の声があったりとかいうことじゃないかぎり、つくらないだろうと私は思います。
つくれば、もちろんつくれますけれども、それはやはりそのレンズが35ミリで使えないよというのは、先ほどの質問の、EOSのなかでこのカメラの位置づけは何なの、という話と最後はつながると思うんですが、デジタル専用のフラッシュもないですし、これはワン・オブ・EOSですよと。EOSのなかに入って、これだけのなんとかというのは、ボディ特有のアクセサリーである下に付ける座布団の部分だけで、それ以外はEOSのなかでこれはあるんですよという考え方でおりますので、フラッシュにしてもレンズにしてもたぶんそういう形ではない。
 逆に、その前に白いレンズのほうをデジタル対応という形で前面のレンズで、デジタルカメラを使ったときに、画面内に光源があった場合にゴーストが出るというのが従来のレンズではあったんですが、それをISシリーズの白いレンズから、それはデジタルのカメラじゃないとその効果は出ないんですけれども、あえてデジタルカメラのためにそういう仕様を変えています。ですから逆に専用レンズというんじゃなくて、汎用のなかでデジタルがうまく使えるようにというのは、EOSのポリシーであると思っています。

諸田 いま言いましたように、デジタルしか使えないレンズというのはつくりませんと。当然、銀塩で使えるというなかで、いま言ったような前玉を曲げましたよといった、デジタルで必要なことをを盛り込んだレンズというのは、何をいつというお話はできませんが、今後出てくる可能性はあるかもしれませんが。

山田 少なくとも超広角、13とか14ミリクラスのもので、それで35まで一緒にカバーしようとすると、それはかなり無理があるので、それだけなんとかなれば、あとはなんとかなると思っているんですが、それはぜひともお願いしたいと思います。

●独自のボディーシェル構造

山田 あとは、ボディの構造をサンドイッチ構造にしたという……。

諸田 うん、サンドイッチというか、シェルというか。

山田 シェルというか。

諸田 結局、もう既に発表会でもご覧になった、このデジタルカメラをサイズとか使い勝手とか普通のEOSにしようといったときに、いわゆるベースボディ構造みたいな格好でつくっていくと、どうしてもむだなスペースができちゃうし、全く新規にやろうよとやったときに、いちばん効率よく、かつこれはやはり値段的に安くてパフォーマンスのいい形のものにしたいということで考えだしたのが、このステンレス合金を使ったシェル構造という形なんですね。
で、これで結構、結果として、いわゆるKissみたいな黒さというのはちょっとできなかったわけですけれども、それなりに存在感のある重さになって、バランスとしても結構いいなと思っているんですけれども、その大きさ、重さ、それから合成感、さらにはこれによって実は電波とか、そういったものの問題もデジタルカメラの場合、結構シビアな面があるので、そういったものへの対策という形も取れている。
 さらにこいつで新しいというか、デジタルカメラ向けに考えている部分というのは、ここに書いてあるミラーボックスというようなところに、実はCMOSというのもちゃんと付けられているわけです。このミラーボックスを前側の構造体に前でくっつけていて、レンズに変な応力がかかったりとかしたときに、これまでマウントとフィルム面というのは、結構、箱型になっていて、ここにかかったときに、どちらにも力がかかっていて、相対的な位置関係がずれちゃうということが極端な話あるんですが、この構造を取ることによって、実は一緒に動いていってくれる。こちらがぜんぜん拘束してないという構造になっていまして、そういった面での新しい考え方での精度保証みたいなこともこの構造で採り入れていると。
 ですから強度的にはうちの規格もクリアしたし、十分なんだけど、その上にさらに何か変形しちゃったといっても、マウントとCMOSの位置関係というのはちゃんと保たれていますよというぐらいの構造になっているわけです。

●頑張った視野率95%

山田 あと、ちょっとだけ細かいことですが、ファインダーの視野率が95%でしたっけ。このあたりというのは、このクラスだったらそれが普通だよといえばそれまでなんですが、やはりそういう感じで割り切っているんでしょうか。

諸田 ずいぶん頑張っていると思いませんでしょうか(笑い)。

山田 頑張っていると思うんですけども、どうしてもデジタルカメラって、ノートリでぱっと見えちゃうじゃないですか。そうすると、「ああ、やっぱりね」っていうのが結構簡単にわかっちゃうので。しかもプリントするにも、自分でプリントすればノートリで出すのが普通なので、そのへんは銀塩のカメラの視野率と考え方が違うのかなと思っているんですよ。

諸田 確かにそうですね。ただ、これはメカ的な問題になってきますけれども、理想的には100%だよ。そうは思うんですが、これも先ほど言いました位置づけの関係で、最高のトップのクラスのものに考えていないというものもあって、コスト的に調整せずにできる範囲で頑張ったという寸法なんです。

山田 ちなみに液晶モニターで再生したときの視野率というのは……。

加藤 再生、後ろのモニターは100%です。IXYも100%です。

――細かいことの一つは、左肩のこのボタンなんです。イメージ・セレクト・プログラム、これを積もうというのは、わりと最初の頃から発想はあったんですか。いわゆる位置づけの問題でもあるんでしょうけども、これを積むことで、わりとこのカメラは、最初、僕からKissなんて間違ったようなことを言っちゃったぐらいで、結構そのへんで……。

諸田 EOS5に。

――そういう意味では、では、3とか1Vみたいなああいうのじゃなくて、EOS5クラス、あるいはそれに準じるぐらいのラインで考えてらしたから、やはりこれを積もうということですか。

諸田 そうですね。

●難しいスーパーインポーズ機能

山田 AFのスーパーインポーズというのは付けられないですかね。これが触っていていちばん違和感があるんです。どうしてもこれで見ていると、37万円と思えないんですよ。特に3点測距だと、結構不安もあるので。「画面の下のほうにちゃんと出てるよ」と言われればそれまでなんですけど、「ちゃんと見ないおまえが悪い」という話はあったとしても、「でも、30万を超えるカメラじゃない」っていうのも片やあって、そのあたりはどうなんでしょうか。

諸田 非常にむずかしいんですよね。「結果として30万超えるじゃない」って言われると、全部EOS-1の仕様になっていっちゃうんですよ。そこのバランスに非常に苦労したというのはありますが、今後の課題とさせていただきます(笑い)。

――最初に言ったように、わりと読者、一般のユーザーにとっては、こういう形でどんどんデジタルが出てきて、追いついてきて、画素数が増えてきて、銀塩の絵に迫ってきていると思っているんですけども、そういう意味で皆さんおつくりになっているほうとして、例えば銀塩の絵の画質を100とした場合に、このカメラの最終的な仕上がりの絵の評価というのは、100点満点でそれに対してどれぐらい。120なのか80なのか60なのか、そのへんちょっともしあれば教えていただきたいんです。

前野 結構、いい点をもらえると思います。

――では、時間を大幅に超過してしまいましたので、今回はこの辺で・・・。

山田 とりとめもなくて、すみませんでした。



TopPage