デジタルカメラ・ジェーピー

(since 2002/02/18)
Nikon COOLPIX P1000
SILKYPIX Developer Studio

山田久美夫写真教室

デジタルカメラ・フォトギャラリー
(作品募集中)

レポート&レビュー

DigitalCamera.jp
からのお知らせ
ごあいさつ
本サイト開設にあたって

バナー広告について

バックナンバー ギャラリー ランキング お知らせ 旧コンテンツ

HotNews Digest Last Update 2020/02/16
20:15

02/16
(日)
●オリンパス&パナソニック
レンズ交換式デジタルカメラの
国内レンズマウント別台数シェアで2019年マイクロフォーサーズがNo.1を達成
-2019年の日本国内でのマウント別シェアで、マイクロフォーサーズが台数シェアでNo.1を獲得。
-同実績は、日本国内の有力カメラ取扱店の販売実績データをもとに、フォーサーズ事務局調べに。
-2008年に最初製品である「LUMIX G1」が発売されてから、11年目でマウント別台数トップに。

02/15
(土)
●リコーイメージング
Digital Camera Utility 5 アップデータ Windows版 Ver.5.8.5
-Digital Camera Utility 5の最新アップデータを公開。
-今回のVer.5.8.5では下記の点を追加。
-新レンズ「HD PENTAX-D FA70-210mmF4ED SDM WR」のレンズ名を追加。
-コンボボックスで表示倍率を変更した状態でツールバーの等倍表示ボタンを押しても等倍表示にならない点を修正。
-RAW画像にスポッティングで、展開せずに直接「パラメーター変更を反映」を指定してフォト印刷すると、スポッティング結果が反映されない点を修正。
-トリミング枠の設定が正しく保存されないことがある点を修正。

Digital Camera Utility 5 アップデータ Macintosh版 (バージョン5.8.5)
-Digital Camera Utility 5の最新アップデータを公開。
-今回のVer.5.8.5では下記の点を追加。
-新レンズ「HD PENTAX-D FA70-210mmF4ED SDM WR」のレンズ名を追加。

02/14
(金)
●カメラ映像機器工業会(CIPA)
「CP+2020」開催中止。新型コロナウイルスの影響で
-2月27日より横浜で開催予定だった「CP+2020」の開催を中止。
-新型コロナウイルスでの感染被害を懸念しての英断に。



記者会見スピーチ内容概要

●カメラ映像機器工業会 代表理事会長 真栄田雅也氏
・2週間後のCP+2020の開催中止を決定。
・コロナウイルスの沈静化の兆しが見えない。
・有効な治療者区などが見通せないなか、来場者や出展者の健康を考えて中止。
・CP+は最新カメラ機材を実際に手に取って操作感を確認。場合によってはファインダーを覗いて説明。近い距離で説明者が説明する。
・そのなかで約7万人の来場者に、その感染リスクを排除できないと考えている。
・そのリスクを排除することが避けられないと判断し、中止。
・出展者も動き、来場者も楽しみに。大変残念ではありますが、そう決断した。
・これからも業界の活性化に向けて尽力してゆきたい。

<質疑応答>

Q.CP+はカメラのハンズオン以外に、世界に対する情報発信の場でもある。リアルイベント以外での展開は?(山田)
A.可能性はあると思う。しかし、CP+はやはりカメラに触っていただくのがかなり大きなポイントなので、今回の判断をした。

Q.新製品を含めた、いろいろな情報発信をオンラインでしないのか?(山田)
A.CIPAの最大の課題だと思っている。今後、まずはやるやらないを含めて、CIPAを中心に検討してゆく。

Q.CIPAとして中止にあたってきちんと伝えたいことは?(山田)
A.中止の判断は、商品が持つ特性でリスクがあると判断した。それが唯一の理由。

Q.出展者はカメラだけでなく、フォトアクセサリーや望遠鏡もあるが、それに対する配慮は?(山田)
A.いろいろな意見があったが、CIPA理事会のなかで決定した。

Q.神奈川県女性の死亡は関係しているのか?
A.直接の関係はなく、総合的に判断した。

Q.日程をずらしての開催の可能性は?
A.本年度は開催しない。会場の可能性や沈静化の問題で。

Q.中止検討時期は? 反対は?
A.いろいろな意見があった。最終的にカメラショーであるイベントの特性を考えて、この判断にした。中止を決めたのはごく最近。2-3週間の状況を見てきた。

Q.各社の製品をされる機会を、業界全体で開催する可能性は? 業界への影響は?
A.業界に関する影響は伝える立場にない。われわれの製品は、ハンズオンで伝えたい機器なので。

Q.中止判断のきっかけは?
A.一般的な商品と違って、コンパクトで操作する商品の特性上からの判断。ほかのショーからの判断ではない。

Q.これまでの開催中止事例は?
A.雪で一日中止したことはある。

Q.出展料は?
A.それは今後の課題。

Q.損害額は?
A.規定に従ってゆく。損害については、いま検討している。


02/13
(木)
●キヤノン
秒20コマ連写、8K動画・8K動画切り出しに対応した
新世代のフルサイズ「EOS R」システム機「「EOS R5」、開発発表。「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」も開発中に

-キヤノン、フルサイズミラーレスシステム「EOS R」システムの新機種「EOS R5」を開発発表。
-同機は、さらなる高速連写や8K動画撮影を実現。
-新開発の CMOSセンサーを搭載。
-電子シャッターで最高約20コマ/秒、メカシャッターで最高約12コマ/秒の連写性能の実現を目指す。
-キヤノン初となるボディ内手ブレ補正機構搭載。
-手ぶれ補正機能は、RFレンズのレンズ内手ブレ補正機構の双方を協調制御する方式を採用。
-メモリーカードはデュアルスロットに対応。
-カメラからクラウドプラットフォーム「image.canon」への画像自動転送機能を搭載予定。
-RF用超望遠ズーム「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」、「エクステンダー RF1.4×」「エクステンダー RF2×」を開発。
-これら3機種を含む計9機種のRF レンズを開発。
-2020年中の発売を目指す。
-「CP+」のキヤノンブースで、開発中の「EOS R5」「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」「エクステンダー RF1.4×」「エクステンダー RF2×」を参考出展。

●キヤノン
対応モデルからの自動アップロード機能に対応
カメラなど映像機器とクラウドを有機的に連携させる新サービス「image.canon」発表。4月上旬サービス開始

-5Gの時代は、カメラが常時つながっている世界。カメラとクラウドが常につながっている時代を見据えた展開「image.canon」展開。
-同サービスでは、「image.caon」に対応したカメラから、WiFi環境下で、自動的にデータ転送(RAWや動画も可能)。
-30日間は全データを無償でクラウドで保存。ユーザーはPCやスマートフォンなどを経由してクラウドにアクセスし、ダウンロードや活用が可能。
-さらに、Googleフォトなど外部サービスとの連携も。
-30日以降は、容量10GBのクラウドに長期保存可能。
-今回はデータ保存での展開だが、今後は、カメラとより綿密な連携を図り、これまでにない、クラウドを活用したカメラの活用を積極的に推進。
-サービス開始時のVer.1.0では下記のサービスを無償展開。
-WiFi経由で自動アップロード。
-容量を気にせず、4kもオリジナルでアップロード可能。今回の新機種から自動アップロード。従来機は手動で対応。
-保管期間は30日間。その後は、10GB容量のクラウドなどに移動したり、PCコピーに。
-長辺2048ピクセルのものは無制限で長期間保存。約300万画素のデータに。
-1年間アクセスしなければ、すべて削除になる点は、従来と同じ。
-iOS、Android用アプリを用意。
-今後「image.canon」は「ストレージからHabへ」と進化。
-今後は、クラウドでのRAW現像。最新のRAW現像をするための環境を用意。
-さらに撮影アシストを搭載。クラウドとカメラがつながって自動的に設定。
-自動でのタグ付けなども。
-他のクラウド系サービスとの連携は、3月末にflickerやGoogleと連携。6月末にAdobeやAmazonと連携。
-カメラがクラウドと連携する時代に。

●キヤノン
「image.canon」に対応。ファインダーとAF機能を向上させた
APS2,410万画素CMOS搭載エントリーデジタル一眼レフ「「EOS Kiss X10i」発表

-クラウドサービス「image.canon」に対応。AF機能を向上させた、エントリー系デジタル一眼レフ「EOS Kiss X10i」発表。
-「image.canon」へのWiFi経由自動アップロード機能を備えた初のモデルに。
-「光学ファインダーの良さを理解している人」向けで、「90Dほどの予算はなく、スペックは必要ない人」向け。
-「X10」と「90D」のいいとこ取りモデルで、一眼レフの方が本格的と感じる人へ。
-イメージセンサーは従来と同じAPS2,410万画素CMOSセンサーを採用。
-処理エンジンはDIGIC8へ進化。最高実用感度はISO25,600。拡張で51,200も可能。
-連写速度は従来の秒6コマから、7コマへ向上。
-IR測光センサーは90Dと同じ22万画素。色検知AFからiTRAFに。
-動画性能は、4K24pに。
-位相差検出AFはオールクロス45点AF。
-約22万画素のRGB+IR測光センサーを搭載し、ファインダー撮影でも顔認識が可能に。
-瞳AFは、EOS Rのファームアップ後と同等の性能に。
-AFONボタン、サブ電子ダイアルをKiss系で初搭載。
-image.canon対応。WiFi環境下では自動転送。
-大きさは約131.0×102.6×76.2mm。重さ約515g。
-オープンプライス。実売105000円。Wズームキットで145000円前後。4月下旬発売。

●キヤノン
レンズ前2.5cmの軽量な接写が楽しめる
「Center Focus Macro」機能搭載EOS Rシステム用標準ズーム「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」発表

-フルサイズ・ミラーレスRシステム用標準ズーム「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」発表。
-RFマウント用標準ズームとして、現行品より大幅な小型軽量化を実現。
-大口径・ショートバックフォーカスのRFマウントにより、レンズ群のカメラ側に大きなレンズを配置し、小型軽量で、ズーム全域で画面周辺まで高画質に。
-全長約88.8mmとコンパクトで、重さ約395gの軽量化を達成。
-AF駆動源にステッピングモーターを採用。静音高速で、動画時の高いレスポンスのAF動作を実現。
-光学手ぶれ補正機能搭載。約5段分の補正効果を発揮。
-最短撮影距離はズーム全域で0.2mを実現。
-MF時、ワイド端のみ、0.13mまで寄れる「Center Focus Macro」機能を搭載。レンズ先端から約2.5cmまでの近接撮影が可能。周辺画質は低下。
-大きさは最大径76.6mm、全長88.8mm。重さ395g。フィルター径67mm。
-オープンプライス。実売6万円前後。4月中旬発売。

02/12
(水)
●ニコン
オールクロス105点測距が可能なニコン史上最強のAF性能を搭載した
秒14コマ連写可能なフルサイズ2,082万画素CMOSセンサー搭載フラッグシップ機「D6」、正式発表

-昨年9月4日に開発発表されたフラッグシップモデル「D6」を正式発表。
-「スポーツ・報道系のプロフェッショナルフォトグラファーのニーズに応えるフラッグシップモデル」に。
-ニコン史上最強のAF性能を実現。全点クロスセンサーの105点位相差AFシステムを新開発。
-AFセンサーは「D5」比で、密度約1.6倍、選択可能なクロスセンサー点数は3倍に。暗所は-4.5EVまで測距可能。
-新開発AF専用エンジンを搭載し、約14コマ/秒の高速連続撮影で全点同時測距を実現。前を横切る障害物への影響も大幅軽減。
-画像処理エンジンは「EXPEED 6」。新開発AF専用エンジンと180KピクセルRGBセンサーにより、デジタル一眼レフ初の瞳AFが可能に。
-連写速度は秒間14コマを実現。JPEGファインで200コマ連続撮影可能。サイレンス連写は秒10.5コマ、2メガ時は秒60コマに。
-イメージセンサーはフルサイズの2,082万画素CMOSセンサーを採用。ISO100〜102,400。
-通信系機能も大幅進化。背面モニターのフリック操作で画像送信可能。編集用と送信用に2サイズのJPEG画像を記録可能。
-有線は「D5」同様、1000 BASE-T規格。従来より約15%転送速度向上。Wi-Fiも搭載。GPS機能も内蔵。
-基本的な操作性やホールディング性は「D5」を踏襲。さらに、コネクター配置を見直し。ボタンイルミネーション時の液晶表示視認性も向上。
-堅牢性、耐久性や防塵・防滴性能も向上。
-メモリーカードは、CFexpress カード(Type B)とXQDカード。
-背面ディスプレイはタッチ式の3.2型約236万ドットTFT液晶モニター。カラーカスタマイズも可能。
-大きさは約160×163×92mm。重さ約1450g。
-オープンプライス。実売80万円前後。3月発売予定。
-新型コロナウイルス感染症の影響により、発売延期や供給が遅れる可能性あり。

●ニコン
ミラーレスシステムXシリーズ用
高性能S-Line大口径超広角単焦点レンズ「NIKKOR Z 20mm f/1.8 S」発表

-ミラーレスシステムZシリーズ用S-Line大口径超広角単焦点レンズ「NIKKOR Z 20mm f/1.8 S」発表。
-レンズ構成は11群14枚。非球面レンズ3枚、EDレンズ3枚を採用。絞り開放から画像周辺部まで高い解像力を実現。
-マルチフォーカス方式の採用により、至近距離から無限遠までどの距離域でも高い描写性能を発揮。
-また、超広角レンズながらも、滑らかなボケ味を実現。
-サジタルコマフレアを抑制することで、星や夜景など、点光源でも優れた描写に。
-ナノクリスタルコート」の採用し、ゴースト、フレアを低減。
-AF駆動源にはステッピングモーターを採用。コントロールリングも採用し、動画撮影時でも静粛で滑らかな操作感を実現。
-防塵・防滴に配慮した設計を採用。
-最短撮影距離は20cm。
-大きさは最大径約84.5mm、全長約108.5mm。重さ約505g。
-156,530円。3月発売予定。

●ニコン
光学VR機能を搭載した小型軽量な
ミラーレスシステムXシリーズ用FXフォーマット対応高倍率ズームレンズ「NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR」発表

-ミラーレスシステムZシリーズ用フルサイズ対応高倍率ズーム「NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR」発表。
-フルサイズ対応の8.3倍ズームながらも、高い解像力を実現。重さわずか約570gの小型軽量さを実現。
-レンズ構成は15群19枚構成。ED非球面レンズ1枚、EDレンズ2枚,非球面レンズ2枚を採用.,高い光学性能と小型・軽量を両立
-ズーミング時にほとんど重心が変わらないよう配慮した設計に。
-絞り開放から画像周辺部まで高い解像力を発揮。
-アルネオコートにより、ゴースト、フレアを抑制。
-最短撮影距離は24mm側で0.5m、200mm側で0.7m。望遠側で最大撮影倍率0.28倍を実現。
-滑らかなトラッキング、フォーカスブリージング対応などにより、動画撮影にも配慮。
-ズームリングとコントロールリングにより、動画撮影時でも滑らかな操作感に。
-AF駆動源はステッピングモーターを採用。
-光学補正式VR機能を搭載。5.0段の手ブレ補正効果を発揮。
-防塵・防滴に配慮した設計。前面レンズにフッ素コート採用し防汚性能を向上。
-大きさは最大径約76.5mm、全長114mm。重さ約570g。
-139,480円(税込)。4月発売予定。

●オリンパス
世界最高の7.5段補正効果や5000万画素手持ちハイレゾショット、
星空AFを実現した4/3型2,037画素LiveMOSセンサー搭載機 「OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III」発表

-同社マイクロフォーサーズ機の上級モデル「OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III」を発表。
-世界最高の7.5段手ぶれ補正機能を搭載(レンズ内手ぶれ補正搭載レンズ使用時)。
-通常レンズでも最大7段分の補正効果を発揮。
-同社条件では、4秒露出でも手ぶれ補正を抑えた撮影が可能とアナウンス。
-画像処理エンジンは「TruePic IX」により、高画質と小型・軽量ボディーを両立。
-防塵・防滴、耐低温設計により、過酷な環境下での高い信頼性を確保。
-新開発の「星空AF」機能を搭載。速度優先と精度優先の選択も可能に。
-顔優先や瞳優先 AFもさらに進化。
-動体の流れを表現しやすい「ライブND」機能を搭載。ND2〜32の設定が可能に。
-手持ち撮影でも活用できる「5000 万画素手持ちハイレゾショット」機能搭載。
-USB充電はもちろん、USB給電しながらも撮影も可能。
-新コーティングによりダストリダクションシステムも進化。従来の1/10に。
-メカシャッターの耐久回数は40万回作動試験をクリア。
-撮影モードダイヤルに「B(バルブ)」を採用。「ライブコンポジット」機能は最長6時間の撮影が可能。
-EVFは約236万ドット。倍率約1.30倍〜約1.48倍。
-背面ディスプレイはバリアングルのタッチ式3.0型約104万ドット液晶を採用。
-連写速度は秒18コマ。プリキャプチャーモードも搭載。
-大きさは約134.1×90.9×68.9mm。重さ約580g。
-オープンプライス。実売約20万円。2月28日発売。

●オリンパス
F値固定で世界最小最軽量の
24-90mm相当のマイクロフォーサーズ用標準ズーム「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO」発表

-小型軽量なマイクロフォーサーズ用標準ズーム「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO」発表。
-F値固定の標準ズームレンズ中、世界最小最軽量を実現。圧倒的な携帯性を実現。
-大きさは最大径63.4mm、全長70mm、重さ254gを実現。「E-M5 Mark III」装着時は全長約113.3mm、重さ約668gに。
-シーリング処理を9か所に施し、高い防塵・防滴性能を実現。
-レンズ構成は9群12枚。スーパーHRレンズ、DSAレンズやEDレンズを採用。「ED 12-40mm F2.8 PRO」同等の高い描写力を達成。
-最短撮影距離は12mm時12cm、45mm時23cm。いずれも1/2倍(35mm判換算)のクローズアップ撮影が可能。
マクロ性能にもこだわった光学設計を採用しており、被写体に近づいて迫力のあるクローズアップ写真を撮影できます。
-85,000円(税別)。3月下旬発売。

02/11
(火・祝)
【ファームウエアアップデート】
●ライカカメラ
ライカQ2用ファームウェア2.0
-フルサイズコンパクト機「Leica Q2」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.2.0では下記の多数の点を改善。
-AF フレームサイズの選択機能を追加。AF モードが「フレーム」でタッチAF時、ディスプレイを長押しで大中小から選択可能に。
-DNG 書込み速度を向上。DNGとDNG+JPEGの書込み速度が向上。
-ユーザープロファイルの削除。ユーザープロファイルを個別または全てを削除可能に。
-タッチAF+レリーズモードを追加。
-ステータス画面と静止画・動画モードの切り替えをステータス画面で表示。静止画モード、動画モードの切り替えもこの画面で可能。
-動画モード時の絞り値とシャッター速度の選択を任意設定可能に。
-オート ISO 動作を見直し。制限を下回る明るさで、シャッター速度を下げて適正露出になるように改善。
-マニュアルフォーカス時の自動拡大動作を自動化。AF フレームは十字キーで移動し、電源OFFまでまで維持。
-顔認識動作を改善。AFモード「顔認識」のとき、顔の検出ができないときはAFモードが「フレーム」に切り替わるように変更。
-「Leica FOTOS」への転送速度を向上。
-EVFフレームレートを、60fpsまたは120fpsに選択可能。
-ズーム/ロックボタンにAFやAEのロック機能を割り当てたとき、一度押せばロックし続けるように変更。
-トラッキングAFの精度と性能を向上。

ライカSL(Typ 601) ファームウェア3.7
-ライカ SL(Typ 601)用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.3.7では下記の点を改善。
-ビデオ品質を最適化。動画ガンマ L-Log をライカ SL2 と同じガンマ曲線・色空間に変更。ライカ SL(Typ601)とライカ SL2を混在させても画像の違和感がなく使用可能に。
-L マウントアライアンスパートナーの既存レンズと今後のレンズとの互換性を向上。
-フォーカスリミッタースイッチを搭載したレンズとの互換性を向上。
-O.I.S.モードスイッチを搭載したレンズとの互換性を向上。
-絞りリングを搭載したレンズとの互換性を向上。
-明るい環境下でのシャッターラグを改善。
-レンズアダプターのファームウェアバージョンをカメラメニューに表示できるように改善。

ライカCL ファームウェア3.2
-「LEICA CL」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.3.2では下記の点を改善。
-L マウントアライアンスパートナーの既存レンズと今後のレンズとの互換性を向上。
-フォーカスリミッタースイッチを搭載したレンズとの互換性を向上。
-O.I.S.モードスイッチを搭載したレンズとの互換性を向上。
-絞りリングを搭載したレンズとの互換性を向上。
-明るい環境下でのシャッターラグを改善。
-レンズアダプターのファームウェアバージョンをカメラメニューに表示できるよう改善。
-バッテリー残量が少なくなっても動画撮影を停止しないように改善。

02/10
(月)
●コシナ
フルサイズ対応の超大口径超広角
Mマウントレンズ「Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM」、発売日決定

-超広角レンズながらもF1.4の大口径を実演した、Mマウント用MFレンズ「Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM」。
-発表当初、「2月発売」としていた発売時期を「2月27日発売」に決定。
-フルサイズ対応でクラス最高レベルの大口径F1.4を達成。ボケを生かした作画も可能に。
-最短撮影距離は0.5m。距離計連動は0.7mまで。フローティング機構を搭載し、近距離でも優れた描写力に。
-11群13枚構成。非球面レンズ2枚を採用し歪曲収差を補正。3枚の異常分散ガラスで色収差を排除。
-効率が高くスタイリッシュな、角形バヨネット式フードを付属。レンジファインダーとの干渉も軽減。
-レンズマウントはMマウントのみ。
-大きさは最大径69.5mm、全長69.7mm。重さ約480g。フィルター径62mm。
-150,000円。2月27日発売。

02/09
(日)
【ファームウエアアップデート】
●リコーイメージング
RICOH GR III用ファームウエア Vre.1.31
-高級コンパクトカメラ「RICOH GR III」用最新ファームウェアを公開。
-今回のVer.1.31では下記の点を改善。
-多重露出撮影時、まれにライブビューが正しく表示されなくなる点を修正。
-全体的な動作の安定性を向上。

PENTAX K-1 MarkII用ファームウエア Ver1.04
-フルサイズ一眼レフ「「PENTAX K-1 MarkII用最新ファームウェアを公開。
-今回のVer.1.04では下記の点を改善。
-新レンズ「HD PENTAX-DFA70-210mmF4ED SDM WR」の動作に最適化。
-全体的な動作の安定性を向上。

02/08
(土)
●シグマ
フルサイズFoveonセンサー搭載機、2020年中の発売を断念。センサー開発遅延のため
-シグマ、フルサイズFoveonセンサー搭載カメラの開発状況について告知。
-「フォトキナ2018」で開発を発表。「CP+2019」でセンサー開発の遅れにより2020年の発売と告知。
-今回、シグマfpのイベント「fpフェス2020春」の冒頭、同社社長の山木和人氏が開発状況を告知。
-センサーの開発遅れにより、2020年の発売を断念。
-同機の商品化について、カメラ開発とセンサー開発を並行して進めてきたが、製品化についていったんリセット。センサー技術開発プロジェクトとして仕切り直すことに。



<シグマ「fpフェス2020春」開催>


●山木和人社長
・フルフレームFoveonセンサー開発が遅れており、昨春に今年中発売といった。
・さらに開発が遅れており、今年中の発売が出来なくなった。
・センサーそのものの開発が遅れているため、今年発売できない。
・カメラ開発を新センサーと並行して開発している、カメラボディーやAFなどの要素開発をしている。
・カメラの発売を明確に出来ないので、一度、センサーのプロジェクト開発に戻す。カメラの開発を中断するわけではない。
・発売時期が明確に出来ないので、センサーとカメラの同時開発だったが、もう一度センサーのテクノロジー開発に戻して進める。
・大変申し訳なく思う。Foveonセンサーのポテンシャルをさらに深くする。
・せっかくの機会なので、プレスはもちろん、ユーザー様に直接ご報告をしたほうがいいと思い、今回みなさんにお伝えしたかった。

●質疑応答
・フルサイズのFoveonセンサー搭載機は、fpとは別ボディーで考えている。Foveonの特性を生かせるものとして作っている。
・新型ボディーは現時点で、ベイヤーセンサーを搭載機として作る予定はない。
・センサー開発が遅れているのは、今回、あらたな工場で作るが、それを含めて遅れている。
・現行のFoveonセンサーを搭載した新型モデルや、APSサイズのLマウントカメラを作る計画は、現在はない。あらゆる可能性を探ってゆきたい。
・新型コロナウイルスの影響。弊社はすべて国内で作っている。基本的には自社製だが、電子部品やモーターなど部品で影響が出る可能性がある。新製品についてはサプライチェーンを避ければ出来るが、現行品ではなにかあるかもしれない。
・fp用にレンズラインナップを拡充。プロに使っていただけるようなものを開発してゆくが、「fp」とバランスのいいレンズも拡充してゆきたい。
・開発中は1:1:1の3層の60メガという目標は同じ。うまくゆくと、来年の夏くらいにはカメラができると思っている。場合によっては2022年になる可能性もある。
・カメラ開発は中断はしない。カメラの発売時期が見えない。
・カメラは大分前に企画したもので、発売コンポーネントも、その時期に使えるもので考えているので、今後、なんらかの使用の見直しがないとはいえない。
・今年も新しいコンセプトのもの、私自身もわくわくするものを発表してゆく。

●商品企画 畳家氏
・年明け早々、カリフォルニアのFoveonに行ってきた。
・今回のイベント告知時にまだ、延期予定はなかった。
・2年前にシグマに入社。ペンタックスにいて、その後、SAMSUNG電子にいてNXを企画していた。その後、スマートフォンや360度カメラの企画などをしていた。
・もともとカメラを作りたいという意思があったので、山木や大曽根と以前から知っていたので。

・開発の原点であるスケーラブルカメラ。世界最小再掲竜王のミラーレス機を作るというメモを、山木から入社時に受け取った。
・大手メーカーとは違う戦略を。大手カメラメーカーを分析したメモから開発がスタート。このメモは2016年10月1日。
・メカシャッター内蔵とシャッターレスで、最初に議論した。
・SAMSUNGで開発していたときに、シャッターレスのNX miniを作った経験があるので。
・もともと独自マウント含めて研究していた。
・他社と違い、Foveonセンサーを使うものが特徴。ベイヤーセンサーは一般的で、システムとしてもできあがっている。
・今度出すFoveonカメラでスポーツも撮って欲しいとはいえない。けれど、ベイヤーのカメラがでてきたので。
・カメラメーカーは、値段の上下と機能の上下でラインナップしているが、シグマはセンサーごとで。

・ベイヤーセンサーを使うということで、きっちり動画をやりたいと思った。
・熱シミュレーションをし、だんだんハイエンドに。
・やるなら「RAW」だよねと。RAWという編集の自由度を上げる。それが静止画だけでなく、動画にもRAWを。
・採用したDSPは汎用。低消費電力で、RAWが出せるもの、2017年の夏の時点で。圧縮RAWはできない。これはプロセッサーの制限。
・しかし、RAW動画が撮れるけど、SDカードでは書き出せない。PCIExpressを持っているので、SDカードのUHSIIに書き込めるような別チップを使ってみたが、8bitしかできなかった。
・なので、ほかの手段として、USB3.0を使う。別チップでUSBのホストになれるようにした。
・熱シミュレーションをしたが、低温やけどにならない範囲では、最初30分で限界に来た。そのため、広くヒートシンクを搭載して、2時間でも限界に来ないようになった。事実上はほぼ無制限。仕様上は2時間。カムコーダーの世界では2時間が基準になっている。
・拡張性。45mmなら小型グリップでもいいが大きいレンズをつけると厳しい。
・LCDファインダーは性能はいいが、取り外しが面倒。落下試験をすると、重いダミーレンズをつけると曲がってしまう。そのため、止め方を強固にするしかなかった。レンズ交換式なので。
・最初は小さいグリップだけで進んでいた。でも、70-200mmF2.8などを使っている社内からの声で、大きいグリップを作った。指先に当たる部分にコムを使った。しかも、電池やメディアを出せるようにした。
・小さいグリップはマグネシウムで作った。変にこだわっちゃうところがあって、「やっぱりマグでしょう」と社内の先輩からの声で。
・外部モニターを使うことを前提に、ヘッドホンジャックを省いた。
・シグマの場合、アクセサリーも国内で作るので、高価になってしまう。そのため、3Dデータを公開して、サードパーティーにおねがいしている。

・「ティール&オレンジ」は好評で、思った以上に使っていただいている。21:9も大門美奈さんが使っていただいている。
・普通は静止画のインターフェースを作ってから、動画を足す。ただ、静止画と動画を50:50といった限り、動画側用にも。
・Ver.1.02をCP+後にリリース。不具合修正。カードエラー対応。遅いカードでの対応。レンズの収差補正。ズーム両端での不具合に対応。動画壊れ対応。
・Ver.2.00は。初夏。春とは書けなかった。CinemaDNG再生。CinemaDNG120/100fps撮影。シネマグラフ、Cineモードでの静止画撮影など。

●質疑応答
・Q.Lマウントアライアンスでいじめられていないのか? A.資本関係ではないので、Lマウントに関するものだけ。いまも毎週、ウィークリーで情報を交換している。私から見ている感じでは、ちゃんと仲良くやってます。

・EVFについては、前向きに検討している。問題は電池。Lマウントの関係で電流の最大値が大きいので、そこの検証をしている。いまかなり前向きに検討している。

・フェス会場では、これらの紹介の後、fpで撮影された約35分のオリジナル映画を是開発公開。
・同映画は、映画祭出品のため、Webなどでの公開は当分せず。



02/07
(金)
●シグマ
定評のある望遠マクロレンズをArtライン復活させた
等倍撮影可能な”カミソリマクロ”「SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO」、Lマウント用発売日決定

-”カミソリマクロ”として切れ味のいい自然な描写力に定評のあった「70mmF2.8Macro」のLマウント用、発売日決定。
-Lマウント用として、AF駆動方式や通信速度の最適化した制御アルゴリズムを開発。
-高速AFに加え、AF-Cモード、カメラ内手ブレ補正機構、カメラ内収差補正機能にも完全対応。
-「圧倒的な解像感とヌケ感」を実現した、画質最優先の設計思想。全体繰り出し式のAF機能を搭載することで、描写力最優先に。
-レンズ構成は10群13枚。FLD ガラス2 枚、SLD ガラス2 枚、高屈折率異常分散性ガラス1枚採用。軸上色収差を徹底的に補正。
-非球面レンズ2 枚を採用し、最短撮影距離付近の解像感を向上。
-フォーカスリングとフォーカス駆動部の機械的連結をなくしたバイワイヤ方式を採用。最適なフォーカススピードとピント操作を実現。
-最短撮影距離 25.8cm。等倍撮影対応。フィルター径49mm。
-マウント交換サービスの受付も開始。
-69,000円。Lマウント用2月21日発売。

02/06
(木)
●CIPA
新型コロナウイルス肺炎に伴うCP+2020の対応について告知。計画通り、開催予定に
-2月27日より横浜で開催予定の「CP+2020」の開催について告知。
-新型コロナウイルスによる肺炎の影響が懸念され、「最新情報の収集に努め、具体的な対応策の検討」。
-「現段階では、状況を注視しながら開催に向けた準備を進め、計画通りに開催する予定」とアナウンス。
-なお、会場出入り口に消毒液を用意予定。
-来場にあたり「マスクの着用、手洗い・うがいなどの消毒を強く奨励」。
-また出展社ブース説明員については「マスク着用についてもどうぞご理解ください」。
-さらに「体調に不安がある場合は大変残念ではございますが、ご来場をお控えいただきます様、どうぞよろしくお願いいたします」と告知。
-今回のCP+2020では中国本土から15社が出展予定。武漢からの出展社はなし。

●富士フイルム
高級コンパクト機「FUJIFILM X100V」のプロモーション動画の配信を停止
-昨日発表された「X100V」のプロモーションサイトで公開されたプロモーション動画が問題に。
-同社は昨日中に該当動画を削除。
-「視聴者の皆さまに不快感を与える動画が掲載されましたことを深くお詫び申し上げます」とアナウンス。
-なお「頂戴いたしました、多くのご意見・ご指摘を真摯に受け止め、今後このようなことがなきよう努めてまいります」とコメント。

02/05
(水)
●富士フイルム
APS26メガX-TransCMOS、新設計レンズ、超薄型チルト液晶、
アルミ外装、防塵防滴構造を採用した、ハイブリッドビューファインダー搭載高級コンパクト機「X100V」発表

-大幅なモデルチェンジを実施した第5世代「X100」となる高級コンパクト機「X100V」発表。
-今回のモデルでは、イメージセンサー、処理エンジン、レンズ、ファインダー、背面ディスプレイ、ボディー素材、ボディー構造などを一新。
-イメージセンサーはAPS-Cの2,610万画素X-TransCMOS4を搭載。画像処理エンジンも最新タイプに。
-レンズは新設計の「23mmF2.0 II」。最新センサーの能力を引き出せる、絞り開放から周辺までシャープな描写のレンズに。6群8枚構成。非球面レンズ2枚を搭載。
-「X100」シリーズ初のアルミニウム外装を愛用。フラットで細部まで美しい外装を実演。
-ファインダーは「X-Pro3」と同じアドバンス・ハイブリッドユーファインダーを搭載。
-シリーズ初のチルト液晶を搭載。超薄型化することで、ボディー背面もフラットなままに。
-防塵防滴構造を採用。ただし、レンズ先端からの水の浸入を防ぐため、フィルターアダプターとプロテクトフィルターを併用。
-撮影可能枚数はEVFで350枚、OVFで420枚を実現。
-大きさは128.0×74.8×53.3mm。重さ約428g。
-ボディーカラーはブラックとシルバー。
-オープンプライス。実売164,500円前後。シルバーは2月下旬、ブラックは3月発売。




<「X100V」説明会スピーチダイジェスト>

富士フイルム 商品企画 上野氏
・100シリーズの5番目の後継機。「The One and Only」。
・「Only One Design」
・5番目の「V」。4も5も、Fなので今回は「V」に。
・X100シリーズ最大のモデルチェンジ。

・アルミパネルを採用。プレスト切削で、28もの工程を経て。
・アルマイトによる着色。金属の質感をダイレクトに感じるものに。
・シュー部分を含め、トップカバーをフラットに。ソリッド感のあるものに。
・チルト液晶を採用。162万ドット。X-proシリーズとは立ち位置が真逆。
・ProシリーズはXファン。X100シリーズはレンズ交換式ではないので、他社ユーザーでも手にしやすい。
・コンパクトカメラとして、愛用ブランドとは違うものも買いやすい、富士フイルムへのゲートカメラ。
・そこに、Xシリーズらしさははなから考えてなかった。
・X100らしいチルトを積もう。非常に薄型のチルト液晶を開発し、ボディーとフラットに収めた。
・背面ディスプレイの解像度は104万から162万ドットに。
・シリーズ初の防塵防滴構造を実現。アダプターリングとプロテクター併用で実現。
・レンズは新規。ハイブリッドビューファインダーはX-Pro3と基本は同じ。背面操作性も十字キーを外したシンプルなモノに。
・感度ダイアルは、シャッター速度ダイアル周囲を一度持ち上げると固定されるように。
・フラッシュの発光面も薄型化。シャープな外観イメージを崩さないモノに。

・元祖ハイブリッドファインダー。OVFで視野率95%。365万ドット。
・レンズは新設計。わかる人にはわかるものに。「II」が入ったのみ。
・レンズ構成は同じ6群8枚。非球面レンズを2枚。NDフィルターは4段分に。
・レンズシャッターで超高速シャッターができない。だが、Dレンジを優先するため、ISO感度を上げる必要があるので、従来の3段分から4段分に。
・画面中心は近接では甘かった。初代はベイヤーでローパス付きだったので。
・従来は開放での描写は「味」といわれてきたが、やはり最新デバイスの能力が最大限に非出せるレンズとして、新開発。絞り開放では歴然とした差になる。開放からフルスイングで。
・位相差検出AFは、-5EV(F2)。
・撮影枚数はプロセッサーの省電力化で、420枚とかなり増えた。
・センサー読み出しカメラが上がったので秒11コマに。
・フィルムシミュレーションは「Pro3」と同じ。クラッシックネガも搭載。モノクロマチックカラーも。
・明瞭度調整もカメラ内で。柔らかくすると、描写も柔らかくなる。
・フォーカスブラケティングも搭載。ソフトで合成。
・動画は4K30P。ノンクロップ。HDMI出力で、422の10bitも。
・ボディー形状が変わっているので皮ケースも新規。30%くらいのユーザーが革ケースを添付している。
・コンバージョンレンズはいままでのものがすべて使える。
・フィルム屋としては、撮って出しでいい絵がでるものに。
・「写真家はひたすら写真を撮ってください。晴れた日の昼間に、RAW現像をするのはどうなんですか?」と。


●富士フイルム
ロンドンで「Xサミット」開催。「X-T4」を2月26日発表。「50mmF1」やGFX100の新機能なども告知
-ロンドンで富士フイルムの「Xサミット」を、日本時間2月5日未明に開催。
-同イベントでは、本日発表になった「X100V」を正式発表。そのほかにもさまざまな発表があった。
-「GFX100」はセンサーシフト機能を生かして、4億画素での撮影ができる機能を新搭載。
-GFX用新レンズ「GF30mmF3.5」「GF80mmF1.7」の外観を公開。
-開発中のXシリーズ用大口径レンズ「XF50mmF1.0」は外観とレンズ構成、会場では可動サンプルも。
-Xシリーズの次期上級モデル「X-T4」を2月26日に発表することを告知。詳細については言及せず。
-Youtubeでイベントを動画で公開中。

02/04
(火)
●Venus Optics
2倍の拡大マクロ撮影ができるアポクロマート設計の
APSミラーレス機用マニュアルフォーカス専用マクロレンズ「Laowa 65mm f / 2.8 2x Ultra Macro APO」、本国発表

-等倍を越える2倍の拡大撮影まで、アダプターなしに撮影できるAPS用マクロレンズ「Laowa 65mm f / 2.8 2x Ultra Macro APO」を本国発表。
-同社初の、APSミラーレス用の小型軽量なマクロレンズに。
-最短撮影距離17cmで、2倍の拡大撮影が可能に。インナーフォーカス式で全長変化はなし。
-色収差を極力抑えたアポクロマート設計を採用。10群14枚構成。特殊低分散ガラス3枚を採用。
-絞り開放から画面周辺部まで、きわめて高い解像度とシャープネスを実現。
-APS-C用設計のため、重さ335gと軽量コンパクトなものに。
-大きさは最大径57mm、全長100mm。重さ約335g。フィルター径52mm。
-マウントは、富士X、ソニーE、キヤノンEF-Mを用意。
-399ドル。海外発売中。

02/03
(月)
●ニコン
ミラーレス機「Zシリーズ」対象に最大4万円をキャッシュバックする
「春のイベントはZと共に! Z & レンズ スピードライトキャッシュバックキャンペーン」実施

-ミラーレスシステム「Zシリーズ」を対象にしたキャッシュバックキャンペーンを実施。最大4万円をキャッシュバック。
-「Z7」「Z6」「Z50」ボディーやZレンズに加え、スピードライトも対象に。
-2月6日から3月31日までに購入された該当製品がキャンペーン対象に。
-おもな対象製品とキャッシュバック額は下記のとお降り。
-「Z 7 24-70+FTZマウントアダプターキット」「Z 7 24-70 レンズキット」「Z 6 24-70+FTZマウントアダプターキット」「Z 6 24-70 レンズキット」は40,000円をキャッシュバック。
-「Z 7 FTZマウントアダプターキット」「Z 7 ボディー」「Z 6 FTZマウントアダプターキット」「Z 6 ボディー」は20,000円をキャッシュバック。
-「Z 50」「Z 50 ダブルズームキット」「Z 50 ダブルズームキット」は20,000円をキャッシュバック。
-「Z 50 16-50 VR レンズキット」は15,000円、「Z 50 ボディー」は10,000円をキャッシュバック。
-「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」は20,000円、「NIKKOR Z 14-30mm f/4 S」「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S」は10,000円、「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」は5,000円をキャッシュバック。
-あらたに対象となったスピードライトでは、「SB-5000」が7,000円、「SB-700」「SB-500」が5,000円、「SB-300」は3,000円をキャッシュバック。
-応募方法など詳細はキャンペーン告知ページを参照。

02/02
(日)
●ソフトウエアTOO [ミニレポート]
SKYLUM社のAI画像処理ソフト「Luninar」のトークイベント、都内で開催
-PC用AI画像処理ソフトSKYLUM社「Luminer」の招待制トークイベントを、昨日都内で開催。
-AIでさまざまな補正を高度に行い、さらに自分の意図で微調整が可能。
-AI機能により、撮影データの意図を汲みながら、効果的な調整処理が可能。風景はもちろん、ポートレートにも有効な機能に。
-最新のVer.4では、写真の空の部分だけを変更する「AIスカイリプレイス」や、ポートレート向けの「AIスキンエンハンサー」「ポートレートエンハンサー」機能を新搭載。
-当該Webより試用版ダウンロード可能。
-10,560円。Windows用、Mac用。

CEOと日本法人代表者
-今回のイベントでは、同社CEOが本国より来日し、同ソフトについての考え方などを紹介。
-CEOは、同ソフトについて、既存のPhotoshopなどの追従するのではなく、独自の画像処理ソフトとして進化させてゆきたいという。
-また、CEO本人も写真を趣味とすることもあり、決して奇をてらったものではなく、写真をより手軽に楽しむためのソフトであるという信念を持って開発しているという。
-また、AI機能を単なる完全な全自動化ではなく、作者の意思をより少ない操作で的確に反映させる方向で展開。
-今後も、多くの人から様々な要望を聞き、発展させて行きたいという。


02/01
(土)
●ケンコー・トキナー
SAMYANG初の「EOS R」用マウント採用AFレンズ「AF 14mm F2.8 RF」発売
-サードパーティー製で世界初のキヤノンRF用レンズ「SAMYANG AF 14mm F2.8 RF」発売。
-同レンズは、同社はもちろん、純正以外では初のRFマウント専用AFレンズに。
-フルサイズ対応の14mm超広角レンズながらも、全長9.5cm、重さ484gと小型軽量に。
-10群14枚構成。非球面レンズ3枚、高屈折レンズ1枚、低分散レンズ2枚を採用し、諸収差を補正。周辺まで高い解像度を実感。
-星景撮影に最適なリアフィルターホルダーを搭載。
-最短撮影距離は0.2m。
-防塵防滴に配慮したウェザーシーリング設計に。
-大きさは最大径86mm、全長95.3mm。重さ約484g。
-オープンプライス。同社オンライン価格92,800円。1月24日発売。

01/31
(金)
●ニコン
自社新開発のSRレンズを採用。50cmまで寄れる高画質な
Z マウントシステム用大口径望遠ズーム「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」、発売延期

-Zシリーズ初の大口径望遠ズーム「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」。
-1月7日の発表時、「2月14日発売」としていたが、「生産上の都合」により発売時期を延期。
-独自開発の新素材「SRレンズ」を搭載し、色収差を軽減し、高画質化を実現。
-レンズ構成は18群21枚。SRレンズ1枚、蛍石レンズ1枚、EDレンズ6枚、非球面レンズ2枚を採用。「圧倒的な光学性能を実現」。
-マルチフォーカス方式の採用により、高速・高精度なAF制御を実現。
-さらに、70mm側で最短撮影距離50cmを実現。200mm側でも1mの最短撮影距離を実現。
-独自の「ナノクリスタルコート」と「アルネオコート」を採用し、ゴーストやフレアを効果的に低減。
-手ぶれ補正効果は、同社のレンズ交換式レンズで最高の5.5段を達成。
-ズーミング時にピントがズレるバリフォーカルや画角が変化するフォーカスブリージングを抑制。動画撮影にも対応。
-大きさは最大径約89mm、全長約220mm。重さ約1440 g(三脚座含む)。フィルター径77mm。
-354,530円。発売延期。時期決定、次第告知。

01/30
(木)
【ファームウエアアップデート】
●富士フイルム
X-T3用ファームウエア Ver.3.20
-中堅ミラーレス機「X-T3」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.3.20では下記の点を改善。
-オートフォーカス機能を向上。瞳枠の追従性が向上。AFエリア内に背景と手前の被写体が混在したとき、ボケている手前被写体にピントを合わせようとしたときに、手前被写体に対してピントが容易に。
-フォルダに9,999枚まで保存可能に。上限枚数が現行の10倍の9,999枚に。
-動画撮影時、小絞り時のフォーカスのふらつきや、画面下端の中央付近に黒いスジがでる点を改善。
-その他、軽微な不具合を修正。

X-Pro3用ファームウエア Ver.1.03
-ハイブリッドEVF搭載機「X-Pro3」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.1.03では下記の点を改善。
-稀にフリーズすることがある現象を改善。
-AF-Cモードで連写時、画像の色調が異常になる場合がある現象を改善。

01/29
(水)
●ソニー
書き込み速度1,480MB/秒を実現した
高速タイプのCFexpress Type B メモリーカード「CEB-Gシリーズ」、512GB、256GB、128GB発売

超高速アクセスを実現した次世代高速メモリーカード「CFexpress Type B メモリーカード」発売。
-同カードは、書き込み速度1480MB/秒、読み出し速度1700MB/秒を実現。
-別売として、USB 3.1 Gen 2対応のCFexpressリーダーライター「MRW-G1」を用意。
-ただし、USB 3.1 Gen 2では最大転送速度10Gbpsの規格のため、最速でも1250MB/秒以下に。
-同社のTOUGHタイプのため、5倍の落下強度や3倍の曲げ強度を実現。
-アンダーフィル、耐衝撃熱拡散シート採用により、耐衝撃、放熱効果を向上。
-購入者はデータ復旧ソフト「メモリーカード ファイルレスキュー」のダウンロード入手が可能。
-オープンプライス。ソニーストア価格は512GB 85,000円、256GB 52,000円、128GB 29,000円。1月25日発売開始。

01/28
(火)
●市川ソフトラボラトリー
簡単操作で正確な再現が可能な
ECショッピングモール向け商品画像作成ソフトウェア「ECフォトアシスタント」発表

-ECショッピングモール向けに特化した商品画像作成用ソフトウエア「ECフォトアシスタント」発表。
-同ソフトは、大量の商品画像を自動で白抜き。適切な画像処理を施した画像に仕上げられるBtoB向けソフトウエアに。
-最短3ステップで商品画像が完成。複数画像の明るさ、コントラスト、ホワイトバランスを調整し、リサイズし、切り抜きまで自動に。
-RAWデータ対応。JPEGデータは仮想16bitデータとして処理するため高品位な仕上がりに。
-AIカラーマッチング機能搭載。ColorCheckerを自動認識して補正。撮影光源などの影響を最小限に抑えることが可能に。
-対応OSはWindows10 64bit。
-年間使用許諾料 36,000円/1ライセンス(税込み)。1月21日より発売中。
-発売記念キャンペーンとして、3月31日まで年間使用許諾料 18,000円に。

【ファームウエアアップデート】
●パナソニック
LUMIX S1用ファームウエア Ver.1.4
LUMIX S1H用ファームウエア Ver.1.2
-フルサイズミラーレス機「LUMIX S1/S1H」用最新ファームウエアを公開。
-今回の最新バージョンでは下記の点を改善。
-V-Log撮影時、動画記録の途中で撮影条件によってちらつきが発生する点を改善。

01/27
(月)
●ソニー
「α7IV」「α7III」「α9」「α9II」所有者対象に
Gマスターレンズを1万円キャッシュバックする「G Master プレミアムキャンペーン」実施

-特定機種オーナー向けに、Gマスターレンズを1万円キャッシュバックする「G Master プレミアムキャンペーン」を実施。
-「α7IV」「α7III」「α9」「α9II」ボディー所有者に、対象のGマスターレンズ購入時に1万円をキャッシュバック。
-キャンペーン期間(購入期間)は、1月24日〜3月31日。
-対象ボディーは、上記期間前の購入でも対象に。
-対象レンズはG MASTERの「FE 16-35mm F2.8 GM」「FE 24-70mm F2.8 GM」「FE 70-200mm F2.8 GM OSS」「FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」「FE 24mm F1.4 GM」「FE 85mm F1.4 GM」「FE 100mm F2.8 STF GM OSS」「FE 135mm F1.8 GM」「FE 400mm F2.8 GM OSS」「FE 600mm F4 GM OSS」。
-対象ボディーは「α9 II」「α9」「α7R IV」「α7R III」の4種のみ。
-ボディ1台に対し、対象レンズ1本がキャッシュバックの対象に。

●シグマ
「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art」「SIGMA 28mm F1.4 DG HSM | Art」、Lマウント用発売。マウント交換受け付け開始
-大口径広角系レンズの「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art」と「SIGMA 28mm F1.4 DG HSM | Art」、Lマウント用を発売開始。
-本日より、他マウントの同レンズからLマウントへのマウント交換サービスの受け付けも開始。
-同製品では、Lマウント用交換レンズとして、AF駆動方式や通信速度に最適化した制御アルゴリズムを開発。
-Lマウント化に伴い、高速AFを実現。AF-Cモード、カメラ内手ブレ補正機構、カメラ内収差補正機能にも完全対応。
-光学系は既発売の両レンズを踏襲。クラストップレベルの高性能レンズに。
-「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art」は219,000円、「SIGMA 28mm F1.4 DG HSM | Art」は160,000円。1月24日(金)発売。

01/26
(日)
●ロカユニバーサルデザイン
街並みや山並みからの日の出日没などの撮影に有効な
独自デザインの角形NDフィルター「KANIフィルター・Premium Inverted triangle GND 0.9 100*150mm」発表

-独特な逆三角形のNDエリアを備えた角形フィルター「Premium Inverted triangle GND 0.9 100*150mm」を発表。
-空が逆三角形のエリアになる、街並みや山並みなどでの撮影に威力を発揮。
-ND最大値はND8。
-コーティングは低反射のPremium仕様。ゴースト、フレアを軽減。
-ベース素材はドイツ製B270光学ガラスを採用。高い透過率と高い平坦精度を実現。
-サイズは100×150mmのみ。
-横タイプは2月初旬販売予定。
-22,800円。発売中。

01/25
(土)
●ビクセン
スマートフォンでの操作やタイムラプス撮影に対応した
星の動きを追尾できるポータブル赤道儀”星空雲台”「ポラリエU」、正式発表

-天体撮影用の定番”星空雲台”ポラリエの新型モデル「ポラリエU」を正式発表。
-地球の自転で移動する星空の動きを追尾し、星を点に撮影できる特殊な電動雲台に。
-新型ポラリエは、初代モデルより20%軽量化。
-軸受けの長さを従来の4倍に伸ばすことで耐荷重を大幅に向上。
-耐荷重は約2.5kg。オプションの強化パーツ併用時は約6.5kg。タイムラプス時には約10kgの耐荷重を達成。
-スマートフォンアプリによる各種設定が可能。タイムラプス撮影時のインターバルタイムや露光時間、回転角の設定が可能に。
-オプションで極軸望遠鏡「ポラリエU 極軸望遠鏡PF-LIIセット」を用意。32,500円。素通しファインダーは付属。
-オートガイダー端子を装備。市販オートガイダーでの制御に対応。
-電源は単三形電池4本。USB給電(Type-C)での動作にも対応。単三アルカリ電池で約7時間動作。
-大きさは88.5×72×110.5mm。重さ約575g(電池別)。
-62,000円。1月31日発売。

01/24
(金)
●キヤノン
ファインダー撮影で秒16コマ、ライブビューでAF/AE追従秒20コマを実現
HDR PQ HEIF 10bit静止画や5.5KのRAW動画記録に対応したフラッグシップデジタル一眼レフ「EOS-1D MarkIII」、発売日決定

-一眼レフEOSのフラッグシップモデル「EOS-1D MarkIII」の発売日を決定。
-発表当初、「2月中旬」としていた発売時期を「2月14日」に決定。
-イメージセンサー、画像処理エンジン、AFセンサーなど主要パーツを一新。
-イメージセンサーは、新開発のフルサイズ約2,010万画素CMOSセンサーを搭載。
-画像処理エンジンには新開発の「DIGIC X」を搭載。
-AFセンサーには新開発の「High-res AFセンサー」を搭載。
-連写速度は一眼レフファインダー時で秒16コマ(AF/AE追従)、ライブビュー時で秒20コマ(AF/AE追従)を達成。
-HEIFファイルの静止画の10bit記録が可能。
-動画記録は5.5KのRAW動画記録が可能。
-メモリーカードはCFexpressカードのダブルスロットを採用。
-大きさは、約158.0×167.6×82.6mm。重さ約1440g。
-オープンプライス。実売80万円前後。2月14日発売。

【ファームウエアアップデート】
●シグマ
SIGMA 45mm F2.8 DG DN | Contemporary ソニー Eマウント用レンズファーム
-フルサイズミラーレス機用標準レンズ「SIGMA 45mm F2.8 DG DN | Contemporary」のソニー Eマウント用ファームウェアをアップデート。
-今回の最新ファームウエアでは、下記の点を改善。
-ボディ内手ブレ補正使用時、まれに像がブレてしまう点を改善。

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 SA-E用ファームウエア
-同社のシグマSAマウント用レンズをEマウントボディーでAF/AE撮影できるマウントアダプター「SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 SA-E」用最新ファームウエア。
-今回の最新ファームウエアでは、下記のレンズの最新ファームウエアに対応。
-「SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art シグマSAマウント用(ファームウェアVer.1.01)に対応。
-「SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary シグマSAマウント用(ファームウェアVer.1.04)」に対応。
-「SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art シグマSAマウント用(ファームウェアVer.1.03)」に対応。
-「SIGMA 500mm F4 DG OS HSM | Sports シグマSAマウント用(ファームウェアVer. 1.02)」に対応。

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 EF-E用ファームウエア
-同社のキヤノンEFマウント用レンズをEマウントボディーでAF/AE撮影できるマウントアダプター「SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 EF-E」用最新ファームウエア
-今回の最新ファームウエアでは、下記のレンズの最新ファームウエアに対応。
-「SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary キヤノンEFマウント用(ファームウェアVer.2.06)」に対応。

SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art シグマSAマウント用ファームウエア
-SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 SA-L使用時の絞り駆動音を低減。

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art シグマSAマウント用ファームウエア
-SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 SA-L使用時の、AF速度と品位を向上。

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary シグマSAマウント用ファームウエア
SIGMA 500mm F4 DG OS HSM | Sports シグマSAマウント用ファームウエア
-SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 SA-L使用時の、手ブレ補正モード2の動作を最適化。

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary キヤノンEFマウント用
-SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 EF-L使用時の、手ブレ補正モード2の動作を最適化。

01/23
(木)
●富士フイルム
16:9比率の3.5型バリアングル液晶を搭載。4K-HDR動画や電子ジンバルを搭載した
ベイヤー型24メガAPS-Cセンサー搭載したセンターEVFスタイルのエントリー機「X-T200」発表

-APSミラーレス機「Xシリーズ」のエントリー系モデル「X-T200」を発表。
-小型軽量ボディーで、従来機より約80gも軽量化し、約370gを実現。
-X-A7と同じ16:9比率のタッチ式バリアングル液晶を搭載。最高輝度最大1,000カンデラを実現。
-あらたに、4K-HDR動画(30fps)撮影に対応。より補正効果の高い動画時専用の「電子ジンバル」機能を新搭載。
-イメージセンサーはベイヤー型の2,424万画素APS-Cセンサーを搭載。銅配線採用で従来の約3.5倍の高速読み出しが可能。
-新搭載のセンサーは全面での像面位相差画素を配置し、AF性能を向上。動体追従AFや顔・瞳AFが可能に。ローリング歪みも大幅軽減。
-EVFは0.39型有機EL。約236万ドット。倍率0.62倍。
-連写速度は秒8コマ。
-ボディーカラーはシルバー、ダークシルバー、シャンパンゴールドの3種を用意。
-手頃で軽量な「フジノンレンズ XC35mmF2」を同時発表。重さ約130gで全長46.5mm。
-大きさは121.0×83.7×55.1mm。重さ約370g。
-オープンプライス。2月27日発売。

●富士フイルム
小型軽量なXシリーズ用標準レンズ「フジノンレンズ XC35mmF2」発表
-小型軽量で手頃な価格帯の、エントリー系Xシリーズ用レンズ「XCシリーズ」用標準レンズ「フジノンレンズ XC35mmF2」発表。
-35mm判換算で53mm相当のコンパクトなレンズで、光学系は現行の「XF35mmF2」のものを踏襲。
-プラスチック鏡胴と防塵防滴機能を省くことで、小型軽量化と低価格を実現。
-レンズ構成は6群9枚構成。非球面レンズ2枚を採用。シャープで切れのいい描写を実現。
-最短撮影距離は35cm。
-大きさは、最大径58.4mm、全長46.5mm。重さ約130g。フィルター径43mm。
-27,000円。2月27日発売。

●富士フイルム
1億画素対応の超高解像性能を実現した
中判ミラーレス機「GFX」用標準ズーム「フジノンレンズ GF45-100mmF4 R LM OIS WR」発表

-中判ミラーレス機「GFXシリーズ」用光学手ぶれ補正搭載標準ズームレンズ「フジノンレンズ GF45-100mmF4 R LM OIS WR」発表。
-35mm判換算で36〜79mm相当の標準域をカバーする、F4固定の約1.7倍標準ズームに
-GFX100の1億画素センサーに対応した高解像度レンズ。
-レンズ構成は12群16枚構成。非球面レンズ3枚、スーパーEDレンズ1枚、EDレンズ1枚を採用。
-光学手ぶれ補正機能を搭載。5.0段の手ぶれ補正効果を実現。
-最短撮影距離は、ワイド側0.65m、テレ側0.82m。
-シーリングを施した防塵・防滴構造を採用。-10℃の耐低温動作も可能。
-大きさは全長144.5mm、最大径93mm。重さ約1,005g。フィルター径82mm。
-305,000円。2月27日発売。

●富士フイルム
中判ミラーレスシステム「GFX」用Gレンズのロードマップを更新
-GFX用交換レンズの最新の開発ロードマップを更新。
-現在の11本に加え、あらたに2本のレンズを開発中。全13本のシステムに。
-大口径標準レンズ「フジノンレンズ GF80mmF1.7 R WR」を開発中。F1.7と中判ミラーレス用で最も明るいレンズに。
-広角単焦点レンズ「フジノンレンズ GF30mmF3.5 R WR」を開発中。35mm判換算で24mm相当の小型軽量なレンズに。

●リコーイメージング
防滴構造で0.95mまで寄れる
小型軽量なフルサイズ対応の望遠ズーム「HD PENTAX-D FA 70-210mmF4ED SDM WR」発表

-小型軽量で0.95mまで寄れる、防滴構造のフルサイズ対応望遠ズーム「HD PENTAX-D FA 70-210mmF4ED SDM WR」発表。
-フルサイズ対応。APS-C機では107〜322mm相当での撮影が可能。
-14群20枚構成。特殊低分散ガラス3枚と異常低分散ガラス2枚を採用。色収差や歪曲収差、コマ収差を補正。周辺まで高解像度に。
-最短撮影距離はズーム全域で0.95mを実現。テレ側で0.32倍までのクローズアップ撮影が可能。インナーフォーカス式で全長変化なし。
-HDコーティングを採用し、逆光撮影などでのゴーストやフレアーを軽減。
-.防滴構造を採用。雨天など悪条件下での撮影も容易に。
-レンズ前面にSPコーティングを採用。高い撥水性と撥油性を実現。
-AF駆動源に超音波モーターを搭載。切り替えなしにMF撮影も可能。
-最大径は約78.5mm、全長約175mm。重さ約819g。 フィルター径67mm。
-155,000円。2月14日発売。

01/22
(水)
●パナソニック
「LUMIX S1R/S1のCFexpressカード対応状況を告知。SanDisk、ソニー製カードは動作確認済みに
-フルサイズミラーレス機「LUMIX S1R」「S1」での、1月15日現在の動作確認済みCFexpressカード情報を公開。
-下記のCFexpress Type B カードでは、基本的な動作を確認。
-SanDiskは「SDCFE-064G-JN4IN 64GB」「同 128GB」「同 256GB」「同 512GB」。
-Lexarは「LCFX10-128CRB 128GB」「同 256GB」、「CEB-G128」「同 256GB」「同 512GB」。
-なお、ProGrade Digitalの「Gold PGCFX120GAJJP 120GB」は動作確認で不可に。

01/21
(火)
●焦点工房
ニコンZマウントボディーで
キヤノンEFマウントレンズをAF/AE撮影できる「Fringer 電子マウントアダプター FR-NZ1」発表

-ニコンのZマウントボディーで、キヤノンEFマウントレンズがAF/AE撮影ができる電子マウントアダプター「Fringer・FR-NZ1」発表。
-Zシリーズのボディー内手ぶれ補正のほか、キヤノン、シグマ、タムロンのレンズ内手ぶれ補正機能にも対応。EF-Sにも対応。
-コンティニュアスAF、動画AF、顔検出や瞳AFにも対応。
-撮影情報などはExifデータに記録可能。
-PCとのUSB接続によるファームアップも可能。
-アダプター内部に艶消し塗装と植毛加工をすることで、内面反射を軽減。
-三脚座付き。着脱可能で、アルカスイス規格にも対応。
-45,000円。1月20日発売。

01/20
(月)
●コシナ
フルサイズ対応の超大口径超広角
Mマウントレンズ「Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM」発表

-超広角レンズながらもF1.4の大口径を実演した、Mマウント用MFレンズ「Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM」発表。
-フルサイズ対応でクラス最高レベルの大口径F1.4を達成。ボケを生かした作画も可能に。
-最短撮影距離は0.5m。距離計連動は0.7mまで。フローティング機構を搭載し、近距離でも優れた描写力に。
-11群13枚構成。非球面レンズ2枚を採用し歪曲収差を補正。3枚の異常分散ガラスで色収差を排除。
-効率が高くスタイリッシュな、角形バヨネット式フードを付属。レンジファインダーとの干渉も軽減。
-レンズマウントはMマウントのみ。
-大きさは最大径69.5mm、全長69.7mm。重さ約480g。フィルター径62mm。
-150,000円。2月発売予定。

01/19
(日)
【ソフトウエアUPDATE]
●ニコン
Capture NX-D Ver.1.6.1
-純正RAW現像ソフト「Capture NX-D」の最新バージョンを公開。
-今回のVer.1.6.1では下記の点を改善。
-「D780」「COOLPIX P950」に対応。
-Capture NX2で編集をした画像をCapture NX-D で開くと異常終了することがある点を修正。
-Windows 7 をサポートOS 対象外に。

ViewNX-i Ver.1.4.1
-純正の画像閲覧ソフト「ViewNX-i」の最新バージョンを公開。
-今回のVer.1.4.1では下記の点を改善。
-「D780」「COOLPIX P950」に対応。
-Windows 7 をサポート OS 対象外に。

Picture Control Utility 2 Ver.2.4.4
-ピクチャーコントロールの調整や管理ができるソフトウェア「Picture Control Utility 2」の最新バージョンを公開。
-今回のVer.2.4.4では下記の点を改善。
-「D780」「COOLPIX P950」に対応。
-Windows 7 をサポート OS 対象外に。

・Wireless Transmitter Utility Ver.1.9.1
-「Z 7」「Z 6」「Z 50」内蔵 Wi-Fi や「D5」「D4S」「D4」内蔵有線LAN、ワイヤレストランスミッター「WT-7」「WT-6」「WT-5」「WT-4」、通信ユニット「UT-1」の接続設定などをするソフトウェアの最新バージョンを公開。
-今回のVer.1.9.1では下記の点を改善。
-「D780」「COOLPIX P950」に対応。
-Windows 7 をサポート OS 対象外に。

IPTC Preset Manager Ver.1.1.1(Mac)
-IPTC対応カメラ用にIPTCプリセットデータを入力するソフトウェアの最新バージョンを公開。
-今回のVer.1.1.1では下記の点に対応。
-macOS Catalina バージョン 10.15 に対応。
-macOS Sierra バージョン 10.12 をサポートOS対象外に。

01/18
(土)
●ライカカメラ
カラーフィルターを省いたモノクロ専用の
フルサイズ4,000万画素CMOSセンサーを搭載したレンジファインダーモデル「ライカM10モノクローム」発表

-モノクローム撮影専用フルサイズセンサーを搭載した、レンジファインダーモデル「Leica M10 Monochrom」発表。
-イメージセンサーに、カラーフィルターを廃したフルサイズ4000万画素センサーを搭載。
-カラーフィルターがないため、ローパスフィルターも不必要なため、細部まで緻密で高解像度な描写が可能に。
-また、感度はISO160〜100,000。高感度で低ノイズ。ダイナミックレンジも非常に広く、豊かな階調再現に。
-目立たずに撮影できる控えめなデザインを採用。ライカの赤いロゴも廃し、文字の刻印にも色を付けず、モノクローム専用機たしさを強調。
-シャッター音も控えめで、目立たないように撮影が可能に。
-Made in Germany。トップカバーとベースプレートは無垢の真鍮から削り出しに。
-連写速度は秒4.5コマ。
-撮影データはDNG形式のRAWデータとJPEG保存も可能。
-大きさは139×38.5×80mm。重さ約660g。
-1,050,000円。1月25日発売。

01/17
(金)
●ケンコー・トキナー
ミラーレスカメラ専用交換レンズの新シリーズ「atx-m」展開
第1弾としてEマウント用単焦点レンズ「atx-m 85mm F1.8 FE」発表

-ケンコー・トキナー、ミラーレス機用の新シリーズ「atx-m」を展開。優れた画質と求めやすい価格を両立。
-第1弾としてフルサイズミラーレス機用大口径中望遠レンズ「atx-m 85mm F1.8 FE」を発表。
-同シリーズ名の「m」はmotif(動機・創作行為)。「ユーザーが創作行為を掻き立てられる」の意味に。
-高性能フルサイズ専用の「FiRINシリーズ」と棲み分けての展開に。
-「atx-m 85mm F1.8 FE」は「優れた描写性能とお求めやすい価格を両立させた光学設計」に。
-レンズ構成は7群10枚。後群にSDガラス(FK01)を配置することで、色収差を補正。
-「高コントラストとアウトフォーカス時の綺麗なボケ味」を達成。
-独自の光学設計とマルチコートにより自然な色再現に。
-レンズ前面に独自の撥水コーティングの採用することで、高い防汚性を実現。
-最短撮影距離は0.8m。AF駆動源にはステッピングモーターを採用。
-大きさは最大径80.0mm、全長93.0mm。重さ約645g。フィルター径72mm。
-56,000円。2月7日発売開始。

【ファームウエアアップデート】
●ソニー
α9II(ILCE-9M2)用本体ソフトウェアアップデート (Windows) Ver. 1.01
-高速フルサイズ機「α9II」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.1.01では下記の点を改善。
-FTP転送の開始タイミングを改善。
-動作安定性向上。RAW画像再生時、電源が切れる場合がある点を修正。
-特定条件で静止画を撮影した際の画質ばらつきを軽減。

FE 135mm F1.8 GM(SEL135F18GM)本体ソフトウェアアップデート (Windows) Ver. 02
-「FE 135mm F1.8 GM」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.02では下記の点を改善。
-「ILCE-9」「ILCE-9M2」「ILCE-7RM4」との組み合わせで絞りの応答性を向上。
-「ILCE-9」(Ver.6.00以降)では、「AF時の絞り駆動」メニューの「フォーカス優先」が選択可能に。

・FE 24mm F1.4 GM(SEL24F14GM)本体ソフトウェアアップデート (Windows) Ver. 02
-「FE 24mm F1.4 GM」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.02では下記の点を改善。
-「ILCE-9」「ILCE-9M2」「ILCE-7RM4」との組み合わせで絞りの応答性を向上。
-「ILCE-9」(Ver.6.00以降)では、「AF時の絞り駆動」メニューの「フォーカス優先」が選択可能に。

01/16
(木)
●リコーイメージング
リコーイメージングスクエア新宿に同銀座を統合。「リコーイメージングスクエア東京」として4月2日より営業開始
-都内の銀座と新宿にあるリコーイメージングのサービス拠点「リコーイメージングスクエア」を統合。
-銀座の「リコーイメージングスクエア銀座」を、新宿の「リコーイメージングスクエア新宿」に統合。
-名称も「リコーイメージングスクエア東京」に改称。
-それに伴いギャラリーも新宿のみに。
-従来の「ギャラリーI」を「ギャラリーA」、「ギャラリーI」を「ギャラリーR」に改称。
-「ギャラリーA」は企画写真展中心のアートギャラリーに。新進気鋭作家中心の高い芸術性の作品に。
-「ギャラリーR」は、同社製品での作品対象の、アマチュア、プロ作家の発表の場に。
-また、フォトスクール用スペースを常設。4月以降、セミナー開催予定。
-「ショールーム」「修理サービスセンター」「プロフェッショナルサービス」はこれまで同様に運営。
-営業時間:は10時30分〜18時30分。休館日は毎週火・水曜日。
-4月2日より営業開始。

01/15
(水)
●タムロン
最短撮影距離11cm、1/2倍まで寄れる
フルサイズ対応のミラーレス機専用単焦点超広角レンズ「20mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F050)」、発売日決定

-フルサイズ対応のミラーレス機専用超広角単焦点レンズ「20mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F050)」。
-発表当初「1月頃発売」としていた発売時期を「1月303日発売」に決定。(訂正)
-同レンズは既発売の「35mmF2.8」「24mF2.8」と同じく、単体で最大倍率1/2倍までのクローズアップ撮影が可能。
-最短撮影距離はクラス最短の0.11mを実現。
-フィルター径は、同社のフルサイズミラーレス用シリーズ共通の67mmに。
-9群10枚構成。異常分散ガラスやガラスモールド非球面レンズを採用。周辺まで高い描写力を実現。
-全長は同シリーズ共通の64mm固定に。近接撮影時にも全長の変化なし。
-AF駆動源は静音なDCモーター「OSD」を採用。
-簡易防滴構造や防汚コートを採用。
-マウントはソニーEマウントのみ。
-大きさは最大径73mm、全長64mm。重さ約220g。
-46,000円。1月30日発売。

01/14
(火)
●ケンコー・トキナー
Cokin、強化ガラスを採用した角型NDフィルター「NUANCES EXTREME」シリーズに「ND8」を追加
-Cokin社の強化ガラスを採用した新製品「NUANCES EXTREME(ニュアンス・エクストリーム)」シリーズのラインナップを拡充。
-NUANCES EXTREMは、強化ガラスを採用した角形フィルター。床に落としても簡単に割れない強度を実現。
-今回、同シリーズの角型NDフィルター「NUANCES EXTREME ND8」を発売。
-従来の「ニュアンス」シリーズよりニュートラル性が向上。忠実な色再現が可能。
-フィルターのコバ部分を墨塗り処理にすることで内面反射を軽減し、ゴーストやフレアを軽減。
-撥水・撥油コーティングを採用。水滴や指紋の汚れに強い設計に。
-フィルター四隅に丸みを帯びさせることで、フィルターホルダーへの装着が容易に。
-サイズはM(84×100×2mm)、L(100×100×2mm)、XL(130×130×2mm)の3種を用意。
-Mサイズ20,500円、Lサイズ23,000円、XLサイズ25,800円。1月17日発売。

01/13
(月・祝)
●オリンパス
カメラ映像製品のギャラリー併設型ショールーム「オリンパスプラザ」、
営業時間と休業日を変更。東京は18時閉館、大阪は日祝日オープンで木曜定休に

-オリンパスのカメラを中心とした映像製品を展示するギャラリー併設ショールーム「オリンパスプラザ」。
-4月3日より、閉館時間や定休日を変更。
-「オリンパスプラザ東京」は、営業時間を10時から18時まで(現在は19時まで)に変更。
-「オリンパスプラザ大阪」は、日曜・祝日の営業を開始。定休日を木曜日に。
-2020年4月3日より実施。

01/12
(日)
●ライカカメラ
ライカ、 Insta360とアクションカメラの開発に向けた
戦略的パートナーシップを締結。第一弾として「Insta360 ONE R 1インチ版」を共同開発

-ライカカメラ社、Inasta360とアクションカメラ分野でパートナーシップを提携。
-パートナーシップにより、アクションカメラと 360度カメラ分野で革新性と先進の画質を実現。
-第一弾として、1インチセンサーと手ブレ補正機能を搭載したモジュール式アクションカメラ「Insta360 ONE R 1インチ版」を共同開発。
-同機は5.3K 1インチセンサーを搭載。超広角レンズモジュールを搭載。
-5.3K30fps動画、4K60fps動画、1,900万画素の静止画撮影が可能。

01/11
(土)
【ソフトウエアUPDATE]
●SKYLUM
Luminar 4.1アップデート
-AI機能を搭載した画像処理ソフト、Skylum社の「Luminar 4」の最新アップデータを公開。
-同ソフトは、AI機能を活用することで、基本的な画像処理工程をAIにより最適化。
-さらに、各種パラメーターの微調整も可能。また、Photoshopのプラグインとして、Photoshop上からもそのまま活用可能。
-今回のVer.4.1では下記の点を改善。
-写真の空の部分だけを差し替える「AIスカイ・リプレースメント」機能に、霧がかった大気をシミュレートできる「アトモスフィア・ヘイズ」機能を追加。
-消しゴムツール技術がさらに進化。複雑な背景やグラデーションがある場合での効果を向上。
-人物の肌を処理する「ポートレート・エンハンサー」機能を改良。集合写真や遠距離でのポートレートなど顔の小さなシーンでも適用可能に。
-各機能の適用効果を調整できる調整スライダーを装備。
-その他、性能と機能改善。
-Ver.4.0オーナーは無料アップデート可能。

01/10
(金)
●シグマ
「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art」「SIGMA 28mm F1.4 DG HSM | Art」、Lマウント用発売日決定
-シグマがLマウント用レンズのラインナップをさらに拡充。
-あらたに大口径広角系レンズの「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art」と「SIGMA 28mm F1.4 DG HSM | Art」に、Lマウント用を追加。
-同製品では、Lマウント用交換レンズとして、AF駆動方式や通信速度に最適化した制御アルゴリズムを開発。
-Lマウント化に伴い、高速AFを実現。AF-Cモード、カメラ内手ブレ補正機構、カメラ内収差補正機能にも完全対応。
-光学系は既発売の両レンズを踏襲。クラストップレベルの高性能レンズに。
-「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art」は219,000円、「SIGMA 28mm F1.4 DG HSM | Art」は160,000円。1月24日(金)発売。
-同日より両レンズのLマウントへのマウント交換サービスも開始。

01/09
(木)
【ファームウエアアップデート】
●キヤノン
RF70-200mm F2.8 L IS USM ファームウエア Version 1.0.6
-昨年11月に発売されたEOS Rシステム用大口径ズーム「RF70-200mm F2.8 L IS USM」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.1.0.6では、下記の不具合を修正。
-200mm付近で、近距離のAF撮影すると、ピント位置がわずかに手前側になる現象を修正。

01/08
(水)
●シグマ
シグマのデジタルカメラユーザー限定の
SIGMA fp専門イベント「fpフェス 2020春」、2月8日都内で開催

-シグマが、同社カメラユーザー向けイベント「fpフェス 2020春」を開催。
-同イベントでは、fpの開発秘話やfpで撮影された新作映画の先行上映を実施。
-さらに、 同社CEOの山木和人氏によるトークショーも実施。
-イベント限定のオリジナルグッズの販売も実施。
-もちろん、「SIGMA fp」のタッチ&トライも実施。
-開催日時は2020年2月8日(土)13:00-17:00。12:30開場。
-会場は日比谷国際部ビル コンファレンススクエア8A・8B・8C(東京都千代田区内幸町2丁目2-3 日比谷国際ビル8階)。
-参加・応募資格はSIGMAデジタルカメラユーザー(fp/dp Quattroシリーズ/sd Quattroシリーズ/DPシリーズ/SDシリーズ含む)。
-参加費無料。
-参加には応募フォームからの申し込みが必要。応募には、所有機種とシリアルナンバーの登録が必要。
-当日は、登録したカメラが当日の入場パスに。カメラを持参しないと入場不可。
-応募締め切りは1月19日(日)24:00。
-当選発表は、1月24日(金)17:30までに招待メールで連絡。
-詳細は当該ページ参照。

01/07
(火)
●ニコン
「D5」譲りのAFアルゴリズムとZシリーズのライブビュー機能を搭載した
フルサイズ2,450万画素裏面照射型CMOSセンサー搭載中堅デジタル一眼レフ「D780」発表

-「D750」の後継機に位置づけられる、24メガCMOSセンサー搭載中堅デジタル一眼レフ「D780」発表。
-「D5」のAFアルゴリズムを本機に最適化して搭載した、51点AFシステムを搭載。アドバンストシーン認識システムでの動体追尾性能も向上。
-ライブビュー機能は「Zシリーズ」譲りのハイブリッドAFシステムを、同社一眼レフで初搭載。画面内90%のエリアをカバー。
-基本的なコンセプトは2014年発売の「D750」のものを踏襲。一眼レフでなければ撮れない分野に。
-イメージセンサーはフルサイズの裏面照射型2,450万画素CMOSセンサー。像面位相差AF対応。
-画像処理エンジンは「EXPEED 6」を採用。最高感度ISO 51200。
-動画撮影は、4K UHD対応。HLG方式のHDR動画撮影対応。
-シャッター速度は1/8000秒から、最長で15分(900秒)まで設定可能。
-連写速度は、光学ファインダー撮影時、最高約7コマ/秒。14bitロスレス圧縮RAWで約68コマの連続撮影が可能。
-AFは初期のボディー内モーター駆動用AFレンズにも対応。
-メモリーカードはSDカードのデュアルスロット。
-低消費電力設計により、約2260コマ(CIPA規格)の撮影が可能。
-背面ディスプレイには約236万ドットで3:2比率のチルト式液晶を採用。
-大きさは約143.5×115.5×76mm。重さ約840g。
-オープンプライス。実売275,000円前後。1月24日発売予定。

●キヤノン
ファインダー撮影で秒16コマ、ライブビューでAF/AE追従秒20コマを実現
HDR PQ HEIF 10bit静止画や5.5KのRAW動画記録に対応したフラッグシップデジタル一眼レフ「EOS-1D MarkIII」、正式発表

-一眼レフEOSのフラッグシップモデル「EOS-1D MarkIII」を正式発表。
-イメージセンサー、画像処理エンジン、AFセンサーなど主要パーツを一新。
-イメージセンサーは、新開発のフルサイズ約2,010万画素CMOSセンサーを搭載。
-画像処理エンジンには新開発の「DIGIC X」を搭載。
-AFセンサーには新開発の「High-res AFセンサー」を搭載。
-連写速度は一眼レフファインダー時で秒16コマ(AF/AE追従)、ライブビュー時で秒20コマ(AF/AE追従)を達成。
-HEIFファイルの静止画の10bit記録が可能。
-動画記録は5.5KのRAW動画記録が可能。
-メモリーカードはCFexpressカードのダブルスロットを採用。
-大きさは、約158.0×167.6×82.6mm。重さ約1440g。
-オープンプライス。実売80万円前後。2月中旬発売。

●ニコン
自社新開発のSRレンズを採用。50cmまで寄れる高画質な
Z マウントシステム用大口径望遠ズーム「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」発表

-Zシリーズ初の大口径望遠ズーム「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」発表。
-独自開発の新素材「SRレンズ」を搭載し、色収差を軽減し、高画質化を実現。
-SRレンズは、青よりも短い波長を大きく屈折させる効果を備えた特殊高分散ガラス。補正が難しい短波長光を制御可能に。
-レンズ構成は18群21枚。SRレンズ1枚、蛍石レンズ1枚、EDレンズ6枚、非球面レンズ2枚を採用。「圧倒的な光学性能を実現」。
-マルチフォーカス方式の採用により、高速・高精度なAF制御を実現。
-さらに、70mm側で最短撮影距離50cmを実現。200mm側でも1mの最短撮影距離を実現。
-独自の「ナノクリスタルコート」と「アルネオコート」を採用し、ゴーストやフレアを効果的に低減。
-手ぶれ補正効果は、同社のレンズ交換式レンズで最高の5.5段を達成。
-AF駆動にSTM(ステッピングモーター)を採用。さらに静音化を実現。
-ズーミング時にピントがズレるバリフォーカルや画角が変化するフォーカスブリージングを抑制。動画撮影にも対応。
-防塵・防滴に配慮。マグネシウム合金の採用により高い耐久性を実現。
-大きさは最大径約89mm、全長約220mm。重さ約1440 g(三脚座含む)。フィルター径77mm。
-354,530円。2月14日発売予定。

●ニコン
新開発のSRレンズを採用した大口径望遠ズーム「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」発表
-クラス最高のF2.8通しを実現した、フルサイズ対応の大口径望遠ズーム「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」を正式発表。
-新開発の独自素材「SRレンズ」を採用。青よりも短い波長を大きく屈折させる効果を備えた特殊高分散ガラス。補正が難しい短波長光を制御可能に。
-レンズ構成は19群25枚。SRレンズ1枚、EDレンズ1枚、蛍石レンズ2枚を採用。高い光学性能を実現。高い解像力と美しいボケ味を実現。
-「ナノクリスタルコート」やNIKKOR Fレンズ初の「アルネオコート」を採用。
-手ブレ補正機能は4.0分の補正効果を発揮。撮影時のファインダー像を安定させる「SPORT」モードを搭載。
-AF駆動制御アルゴリズムを強化し、急激な速度変化のある被写体へのAF追従性能も向上。
-レンズ最前面に撥水・防汚性能と耐久性に優れた独自の「フッ素コート」を採用。
-大きさは最大径約128mm、全長約303.5mm。重さ約3,250g。
-1,393,700円。2月発売予定。

●ニコン
RAWデータ記録に対応。約236万ドットEVFを搭載した
24〜2000mm相当83倍ズーム搭載1/2.3型裏面照射型1,605万画素CMOS機「COOLPIX P950」発表

-2000mm相当までカバーできる「P900」の進化モデル「COOLPIX P950」発表。
-24〜2000mm相当の83倍ズームレンズや1/2.3型1,605万画素CMOSなど基本機能は先代を踏襲。
-「P950」では、あらたにRAWデータ記録に対応。
-EVEは従来より高精細な約236万ドット有機ELを搭載。
-手ぶれ補正機能搭載。同社コンパクト機で最高の約5.5段分の補正効果を発揮。
-ダイナミックファインズーム時166倍相当の撮影も可能。
-動画撮影は4K UHD/30pに対応。動画時の露出調節やズーム速度設定も可能に。
-レンズは光学83倍の「NIKKOR4.3-357mmF2.8-6.5」。レンズ構成は12群16枚。EDレンズ5枚、スーパーEDレンズ1枚を採用。
-背面ディスプレイは約92万ドットのバリアングル式3.2型TFT液晶を採用。
-メモリーカードはSD/SDHC/SDXCカード。
-大きさは約140.2×109.6×149.8mm。重さ約1005g。
-オープンプライス。2月7日発売予定。

01/06
(月)
●カメラ映像機器工業会(CIPA)
CIPA、2019年11月のカメラ、交換レンズ生産出荷集計を公開。ミラーレスが一眼レフを上回るレベルに
-カメラ映像機器工業会が、2019年11月までの、カメラ、レンズ生産出荷集計結果を公開。
-2019年11月までのデジタルカメラ生産は、前年比で台数82.6%。金額では94.5%。
-2019年11月までのデジタルカメラ出荷は、前年比で台数78.3%。金額では80.9%に。
-生産出荷とも、レンズ交換式モデルが、一体型モデルを上回る実績に。
-さらに、レンズ交換式では、ミラーレス機が一眼レフを上回る実績に。
-交換レンズでは2019年11月までの生産で、前年比で本数84.0%。金額では71.3%。
-交換レンズでは2019年11月までの出荷で、前年比で本数78.1%。金額では87.7%。
-交換レンズでの、フルサイズとフルサイズ未満の比率は約1:2に。

01/05
(日)
●リコーイメージング
リコーイメージングストア、毎年恒例の「超福袋祭」実施。「645Z」「K-1MarkII」「KP」「K-70」福袋を展開
-リコーイメージングのオンラインショップ「リコーイメージングストア」が、毎年恒例の「超福袋祭」実施。
-今年は「645Z」「K-1MarkII」「KP」「K-70」などをベースにしたセットを福袋として展開
-1月5日23時59分まで実施中。

01/04
(土)
●ヨドバシカメラ
ニコン、キヤノン、ソニーの
フルサイズミラーレス機とレンズ、パソコンをセットにした「超特価 新春ドリームセット」展開

-ヨドバシカメラ、フルサイズミラーレス機とパソコンをセットにした「新春ドリームセット」を店頭での数量限定販売。
-ニコン、キヤノン、ソニーのフルサイズミラーレス機と純正レンズ、アクセサリーやパソコンをセットに。
-ニコンは「Z7」キヤノンは「EOS R」、ソニーは「α9II」がベースに。
-ニコンフルサイズ機とiMac5Kで100万円。キヤノンフルサイズ機はSurfaceBook2とのセットで150万円。ソニーはSurfaceBook2とのセットで200万円。
-1月4日夜時点で、ニコン、キヤノンは販売中。ソニーは売り切れに。
-1月5日まで店頭で購入可能に。

01/03
(金)
●シュッピン
マップカメラ、新春恒例の数量限定新春福箱「無我夢チュー福箱」「中古全品3%OFF新春SALE」展開
-マップカメラ、毎年恒例の新品、中古品セールを展開。
-新品カメラでは、主要各社の主力モデルをレンズをセットにした「無我夢チュー福箱」を展開。
-中古品は全品で3%引き。さらに、キャッシュレスでは5%引きセールを展開。1月6日10時59分まで実施中。

01/02
(木)
●ビックカメラ
人気デジタルカメラ「新春初売り」や
クーポンコードで最大2万ポイントが加算される「2020年ハッピープレミアム特典」展開

-ビックカメラ、新春初売りセールや対象製品へのポイント加算セールを展開。
-初売りセールでは、ソニーやニコンのミラーレス機とアクセサリーを組み合わせた「豪華新春セット」を展開。
-さらに、対象製品購入時、クーポンコードを入力することで、最大20,000ポイントが加算される「ハッピープレミアム特典」も展開。
-クーポンコード特典期間は1月5日23時59分まで実施中。

01/01
(水)


あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

2020年元旦



●ニコン
ニコンダイレクト、恒例の「2020 Nikon Direct福袋」を展開。150万円の福袋も
-ニコンの直販サイト「ニコンダイレクト」、毎年恒例の福袋をネットで展開。
-価格別に様々なコースが用意されており、購入者にはもれなく「NDスタジアムクッション」「NDカメラステッカー」「NDキューブモックスティッシュ」をプレゼント。
-一眼レフカメラ福袋では、「D5」と大三元ズームなどが基本の「150万円コース」、「D850」と大三元ズームなどの「100万円コース」を筆頭に、75万円コース、60万円コース、40万円コース、30万円コース、20万円コース、14万円コース、10万円コース、7万円コース、6万円コースを用意。
-COOLPIX系コースでは「P1000」をベースにした「12万円コース」、A1000を基本にした「6万円コース」などを用意。
-いずれも数量限定の先着順。
-販売期間は1月5日23:59まで。



Google
WWW を検索 DigitalCamera.jp を検索

このWebサイト上の全ての画像及び文章の著作権は山田写真事務所DigitalCamera.jp)
またはそれぞれの原作者
が所有しています。
一切の許可なき転載を禁止します。

(C)1999-2020 Yamada Digital Photo Office (Kumio Yamada)&
DigitalCamera.jp ALL RIGHTS RESERVED


mail to :
(E-MAILによるご質問、購入相談などはお受けしておりません )
This website does not sell the Digital camera.

バナー広告について

(Digitalcamera.gr.jp since 1999/12/08)
(Digitalcamera.jp since 2002/02/10)