デジタルカメラ・ジェーピー

(since 2002/02/18)
マップカメラ
SILKYPIX Developer Studio
Nikon Df
SP 85mm F/1.8 Di VC USD

山田久美夫写真教室

最近の発表会&
イベント レポート
2014
02/
13-16
CP+2014
01/28 富士・X-T1発表会
2013
11/26 ニコン Df開発者インタビュー
11/20 CP+2014記者発表会
11/20 LUMIX GM1発売イベント
11/16 ニコン Df
体験会
11/14 カシオ EX-10発表会
11/13 InterBEE
レポート
11/08 サンディスク発表会
11/05 ニコン Df発表会
10/27 ペンタックスK-3体験会
10/20 ソニーα7R体験会
10/18 富士フイルムX-E2発表会
10/17 パナソニック
GM1発表会
10/16 ソニーα7R発表会
5/10 オリンパスPEN E-P5発表会
5/07 Adobe Creative Cloud発表会
4/17 リコーGR発表会
4/11 ソニー4Kブラビア発表会
2012
10/30 ソニーNEX-6/
5R発表会
10/23 カシオEXILIM
ZR1000発表会
10/04 富士フイルム
XF1発表会
09/26 キヤノン
PIXUS発表会

【フォトキナ2012】
09/17 【フォトキナ】Sigma
プレスイベント
09/17 【フォトキナ】
Olynpus
プレスイベント
09/13 Nikon
D600発表会
09/12 Sony α99/
RX1発表会
08/22 Nikon
COOLPIX発表会
07/23 Canon
EOS M発表会

バックナンバー
デジタルカメラ・フォトギャラリー
(作品募集中)

レポート&レビュー

DigitalCamera.jp
からのお知らせ

ごあいさつ
本サイト開設にあたって

バナー広告について

バックナンバー ギャラリー ランキング お知らせ 旧コンテンツ

HotNews Digest Last Update 2016/05/03
22:15

05/03
(火)
●コシナ
Eマウント用超広角レンズ
「フォクトレンダーHELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical E-mount」、同「VM」、発売日決定

-フルサイズ対応超広角レンズで世界最高画角を実現した「HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical」。
-同レンズのEマウント用VMマウント用の発売時期を決定。
-Eマウント用は、カメラ本体との通信も行われるため、5軸手ぶれ補正の利用やExifへのレンズ名表示も可能。
-155,000円。Eマウント用は5月26日発売。Mマウント互換のVMマウント用は6月17日発売に。

05/02
(月)
[ソフトウエアUPDATE]
●市川ソフトラボラトリー
SILKYPIX Developer Studio Pro7 Windows版/Mac OS版 Ver.7.0.4.0
SILKYPIX Developer Studio 7 Windows版/Mac OS版 Ver.7.1.4.0
SILKYPIX Developer Studio 6 Windows版/Mac OS版 Ver.6.1.27.0
-高機能・高画質な純国産RAW現像ソフト「SILKYPIX」シリーズ各種をアップデート。
-今回の最新バージョンでは下記の点を改善。
-「キヤノン・EOS 80D」「Leica SL (Typ 601)」「ニコン・D500」「パナソニック・DMC-GF8」「PENTAX K-1」「ソニー・α68」「α6300」に対応。
-パナソニックの一部機種でRAWに記録されたGPS情報などの表示に対応。
-「パナソニック・DMC-TZ60」「TZ61」「TZ70}「TZ71」「ZS40」「ZS50」のRAWデータで、ホワイトバランスサブコントロールの色温度を 6300 K より大きく設定した際の現像結果を再調整。
-その他、細かな問題を修正。

05/01
(日)
●オリエンタルホビー
ワンタッチで開閉できる
シャッター開閉式レンズキャップ「X-CAP2」に49oサイズを追加。X100Sにも利用可能に

-前後の動きだけでワンタッチでレンズカバーが開閉できる、シャッター開閉式レンズキャップ「X-CAP2」。
-従来は、46mm径のみだったが、あらたに49mm径を追加。
-49mm径タイプでは、「富士フイルム・X100S」などでも利用可能に(X100系ではリング併用)。
-5,980円。5月2日出荷開始。

04/30
(土)
[ソフトウエアUPDATE]
●リコーイメージング
Digital Camera Utility 5アップデータ Windows版 (バージョン5.5.1)
Digital Camera Utility 5 アップデータ Macintosh版(バージョン5.5.1)
-PENTAXブランド機に対応した純正ソフト「Digital Camera Utility 5」をアップデート。
-「PENTAX K-1に対応。
-「「HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR」「HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR」のレンズ名データを追加。
-カスタムイメージの画像仕上に「フラット」を追加。
-RRS-RAW展開の動体補正オフに対応。
-JPEG画像をフォト印刷する際、常に再現像処理したデータがプリンターに出力されていた点を改善。
-JPEG再現像時の色味が不正となる点を改善。
-リアル・レゾリューション・システムRAW画像展開において、まれに画像の一部が水玉状に変形することがある点を改善。
-数十コマのパラメーター調整を行うとプレビュー画像表示が壊れるなどの動作不良が発生する点を改善。
-全体的な動作の安定性を向上。

04/29
(金・祝)
●ライカカメラジャパン
写真撮影の本質を追求し
液晶ディスプレイを廃したRAWデータ専用レンジファインダー機「Leica M-D」発表

-デジタルカメラながらも、背面ディスプレイを廃した、RAWデータ専用レンジファインダー機「Leica M-D」発表。
-写真撮影の本質を追究し、シャッター速度、絞り、ISO感度のみのシンプルな操作に。
-ライカM (Typ262)がベース。ファインダー内のデジタル表示を使い、日付設定や撮影枚数などを表示。
-イメージセンサーは2,400万画素フルサイズCMOSセンサーを搭載。
-データ記録はRAWデータ専用。連写速度は秒3コマ。
-大きさは138.6×42×80mm。重さ約680g。
-5月発売予定。

04/28
(木)
●タムロン
最新設計で高画質を追求したフルサイズ一眼レフ対応
新世代SPシリーズ「SP35mm F/1.8 Di USD」「SP45mm F/1.8 Di USD」、ソニー用発表

-タムロンの高性能レンズ「SPシリーズ」第一弾として、フルサイズ一眼レフ対応の単焦点レンズ「「SP35mm F/1.8 Di VC USD」「SP45mm F/1.8 Di VC USD」の、ソニーAマウント用を発表。
-F値を1.8に抑え、絞り開放から卓越した光学性能を発揮。最新の高画素機に対応。
-両レンズともに、高い近接撮影能力を備えており、35mmで0.2m、45mmでは0.29mの最短撮影距離をを達成。さらに、像倍率では、それぞれ1:2.5と1:3.4と、マクロレンズに匹敵するほどの性能を発揮。ボケを生かした広角マクロ撮影も可能に。
-マウントは既発売のニコン用とキヤノン用に加え、ソニーAマウント用を追加。
-ソニーAマウント用はボディー内手ぶれ補正機能を備えているため、VC機能は搭載せず。
-90,000円。ソニーAマウント用5月12日発売。



●DigitalCamera.jpより
当サイトがJPドメイン移行以来、本日で8,000万アクセスを迎えました。

これもひとえに、ご覧いただいている、読者のみなさんのお陰であり、とても感謝しております。

1999年オープン以来17年。いまだ拙いサイトでありますが、今後ともよろしくお願いします。

山田久美夫


04/27
(水)
●パナソニック
通信機能搭載スマートフォン型高級コンパクト機「LUMIX CM10」、
パナソニックストアで法人向け販売開始。EC事業者向けに「撮影+自動加工」ソリューションを展開

-通信機能搭載スマートフォン型高級コンパクト機「CM10」の新展開。
-4月26日より同社のWebショップ「パナソニックストア」で販売を開始。
-さらに、同ストアの法人向けサイトで購入することで、グラムス社の画像自動加工ツール「ZenFotomatic」をCM10で使えるアプリケーションを配信。
-同アプリ利用により、商品撮影後の白抜き加工やセンタリング加工をオンライン経由で提供。
-詳細は当該ページ参照。
-同社ストア法人向け価格89,800円。4月26日より発売開始。

[ファームウエアUPDATE]
●ソニー
「ILCE-7RM2」用ファームウエアVer.3.20、「ILCE-7SM2」用ファームウエアVer.2.10
「DSC-RX10M2/DSC-RX100M4」本体ソフトウェアアップデートVer.1.3
-「α7R II」「α7S II」「Cyber-shot RX10M2」「RX100M4」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.1.3では、XAVC S動画記録を、従来のSDXCカードだけでなく、SDHCカードにも記録可能に。

04/26
(火)
[ファームウエアUPDATE]
●ニコン
D7200用ファームウェア C:Ver.1.01
-DXフォーマット一眼レフ「D7200」用最新ファームウエアを公開。
-今回のC:Ver.1.01では下記の点を改善。
-[セットアップメニュー] > [ファームウェアバージョン] 表示させると、C X.XX L X.XXX と表示されない点を改善。
-動画ライブビューで、HDMI接続した外部レコーダーの音声に約4秒間隔の雑音が入ることがある点を改善。
-撮影したRAW画像を、 [画像編集メニュー] > [RAW現像] でマイナス側に露出補正して現像すると、正しく補正されない点を改善。
-うるう年に2月29日が正しく表示されない場合がある点を改善。

[ソフトウエアUPDATE]
●ニコン
ViewNX-i & Capture NX-D (Windows) Ver.1.16.010a
Capture NX-D (Windows) Ver.1.4.0a
-純正ソフトウエア「Capture NX-D (Windows) Ver.1.4.0a」「ViewNX-i & Capture NX-D (Windows) Ver.1.16.010a」の最新版を公開。
-今回の最新バージョンでは下記の点が進化。
-「D5」「D500」に対応。
-ホワイトバランスに[オート 0]を追加(D5、D500 のみ対応)。
-ツールバーに[自動レタッチブラシ]を追加。
-プレビューの表示倍率に関係なくノイズリダクションの効果を反映させるように変更。
-エディットリストの[カメラとレンズの補正]にある[フイッシュアイ補正]に[画像以外の部分を含めて処理]を追加。
-[ファイル変換]で JPEGを選択時、画質の初期値を「60」から「85」に変更。
-環境設定に下記の機能を追加。[RAW サイズ S / M] [D1X RAWの初期設定サイズ][現像時の色空間]。
-インストールが正常にできないことがある点を改善。
-Capture NX 2 で編集した画像を選択した場合に、[他のアプリケーションを使用して画像を開く]メニューやボタンが有効にならない点を改善。
-標準でFDDが搭載されているPCでバッチ処理を行うと、FDD へのアクセスをおこなうことがある点を改善。
-ニコンカメラで撮影した画像以外が含まれるフォルダを選択すると、プログラムが異常終了することがある点を改善。
-カスタムピクチャーコントロールに設定された明瞭度の値が反映されないことがある点を改善。
-ISO感度を低感度(Lo 0.3 ~ Lo 1)に設定して撮影した「Df」「D4」のRAW画像をホワイトバランスのグレーポイントサンプルツールで調整したあと、[ファイル変換]をおこなうと画像が明るくなる点を改善。
-インストールされているセキュリティソフトによっては、バッチ処理が正常に行われないことがある点を改善。
-「ファイル」メニューの「Camera Control Pro 2を開く」で64bit 版のCamera Control Pro 2 が開けるよう改善。

04/25
(月)
●ケンコー・トキナー
高いニュートラル性を実現したCokin開発の
高透過率の光学ガラス素材による角形NDフィルター「・NUANCES ND」発表

-高透過率でニュートラル性の高いガラス素材による角形全面NDフィルター「NUANCES(ニュアンス) ND」」。
-ケンコー・トキナー傘下の、角型フィルター老舗「Cokin」が新開発。
-第一弾として、全面NDフィルター「NUANCES ND」を発売。
-可視光域から近赤外域までフラットな透過特性を実現。高いND性を実現。
-光学ガラス素材の採用により、高い透過性を達成。
-ラインナップは、ND2、ND4、ND8、ND32、ND256、ND1024の6種を用意。
-サイズは3種。Mサイズ (Pシリーズ・84×84×2.3mm)、 Lサイズ(Z-PROシリーズ・101×101×2.3mm)、XLサイズ(X-PROシリーズ・130×130×2.3mm)。
-Mサイズは20,800円、Lサイズは27,800円、XLサイズは49,000円。今夏発売予定。

04/24
(日)
●オリエンタルホビー
6マウントに対応したベルクロ固定式レンズリアキャップ「LensPacks レンズホルダー」、発売開始
-ベロクロテープでカメラバッグに装着し、安定したレンズ保持ができるレンズリアキャップ「LensPacks レンズホルダー」発表。
-レンズリアキャップにベロクロテープがあるため、カメラバッグの中仕切りなどに装着可能。
-バッグ内の起毛部分に装着できるため、レンズを安定して収納可能。
-キヤノン、ニコン、富士X、ソニーE、ペンタックスK、マイクロフォーサーズの6種のマウント用を用意。
-色はブラックとレッドの2種。
-大きさは最大径76mm、高さ15mm。重さ20g。
-1,800円。4月25日出荷開始。

04/23
(土)
●ケンコー・トキナー
スマートフォン用フォルダーを標準装備した
小型軽量で丈夫なテーブルポッド「メモアールミニ T2」発表

-スマートフォン用フォルダーを装備した小型軽量なテーブルポッドを発表。
-6インチクラスのスマートフォンまで装着可能な、3点支持タイプにスマートフォンホルダーを採用。
-ホルダー部分の角度調整が可能。脚部との分離が可能。取り付けは標準的な1/4インチネジ。
-脚部に直接カメラを装着することで、最大重量2kgのカメラまで利用可能。
-大きさは、全高52mm、縮長138mm、重さ125g。
-オープンプライス。4月22日発売。

04/22
(金)
●ソニー
平成28年熊本地震の影響による2016年度連結業績見通し公表を延期
デジタルカメラ向けセンサー基幹工場の一部が損傷。現時点で生産活動の再開時期未定
-ソニーが、熊本地震の影響により、2016年度連結決算業績見通し公表を延期。5月中公表予定に。
-デジタルカメラ向けイメージセンサーやディスプレイデバイスの基幹工場である、ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(株)の熊本テクノロジーセンター(熊本県菊池郡)が被災。
-地震発生直後より現在まで、生産活動を停止。従業員の安全を第一に、被害状況の確認と早期復旧への準備と事業影響を最小限にとどめるための検討を継続。
-調査の結果、熊本テクノロジーセンターの、建屋、クリーンルーム、生産装置の一部が損傷。
-現時点では生産活動の再開時期は未定。
-また、ソニーの事業所以外の部品供給元の一部も被災。影響を現在精査中。

●富士フイルム
ミラーレス機「X-T1」「X-T10」対象に
最大20,000円をキャッシュバックする「 「X-T1 X-T10キャッシュバックキャンペーン」実施

-Xシリーズミラーレス機「X-T1」「X-T10」対象にキャッシュバックキャンペーンを実施。
-期間中「X-T1」「X-T10」購入者に最大2万円をキャッシュバック。
-「X-T1 18-135mmレンズキット」「X-T1 18-55mmレンズキット」購入で、2万円をキャッシュバック。
-「X-T1 ボディー」「X-T1 グラファイトシルバーエディション」購入で、1万7千円キャッシュバック。
-「X-T10 18-55mmレンズキット」「X-T10 35mmF2レンズキット」で 1万円キャッシュバック。
-「X-T10 ボディー」購入で、5,000円をキャッシュバック。
-申し込み方法などは当該サイトを参照。
-キャンペーン期間は4月22日〜6月28日まで。

04/21
(木)
●ケンコー・トキナー
フィルター径を変換する「ステップアップリング」に小口径用4種を追加
-フィルター径を変換できる変換リング「ステップアップリング」のラインナップを拡充。
-今回新たに、「25-37mm」「27-37mm」「37-46mm」「37-58mm」の4種を追加。
-「25-37mm」と「27-37mm」はビデオカメラ用フィルターやコンバーター向けに。
-「37-46mm」は、37mm径のマイクロフォーサーズ用レンズに46mm径のフィルター装着が可能。
-「37-58mm」は、ミラーレス機に多い37mm径レンズに、一眼レフ用フィルターを装着するのが容易に。
-1,300円。4月22日発売。

[ソフトウエアUPDATE]
●シグマ
SIGMA Optimization Pro 1.3
-「SIGMA USB DOCK」「SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11」専用ソフトウェア「SIGMA Optimization Pro 1.3」のWindows版とMacintosh版を公開。
-今回のVer.1.3では下記に対応。
-「SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11」に対応。
-Windows 10に対応(Windows版)。
-マウスのボタンの「主と副のボタンを切り替える」のチェックボックスをオンにしたマウスで、フォーカスリミッターの調整を行うと、スライダーのドラッグ操作ができなくなる点を改善(Windows版)。
-OS X El Capitan 10.11に対応。OS動作条件がMac OS X 10.8、10.9、10.10、10.11に(Macintosh版)。
-MF切り替えの設定(内のMF切り替え機能のタイミング調整で、フォーカスリングの回転量を示すアイコンを修正(Macintosh版)。
-SIGMA Optimization Pro 1.3へのアップデートと合わせ、SIGMA USB DOCKも最新版へファームウェアが必要。

04/20
(水)
●ニコン
平成28年熊本地震の影響に関して告知。レンズ交換式カメラ、
交換レンズ、コンパクトカメラなどで部品調達先が被災。生産、販売への影響が避けられない状況に

-熊本地震による、同社デジタルカメラの生産・販売状況を告知。
-今回の地震で、部品調達先が被災。「生産、販売への影響が出ることは避けられない状況」に。
-レンズ交換式デジタルカメラ、交換レンズ、コンパクトデジタルカメラなど広範囲な製品に影響が。
-現在、状況を精査中。詳細確認次第、改めて告知。

●ニコン
画像処理用ICの重大な不具合により
プレミアム機「DL18-50 f/1.8-2.8」「DL24-85 f/1.8-2.8」「DL24-500 f/2.8-5.6」、発売時期未定に

-CP+2016発表の1インチセンサー搭載プレミアムコンパクトカメラ3種の発売時期を未定に。
-「DL18-50 f/1.8-2.8」「DL24-85 f/1.8-2.8」「DL24-500 f/2.8-5.6」とも、発表当初、3機種とも「6月発売予定」としていたが、今回、「発売時期未定」に。
-理由として「画像処理用のICに重大な不具合があることが判明したため」と告知。
-詳細が決まり次第、再度告知。

●ニコン
コンパクト機「COOLPIX A300」「COOLPIX B500」
「COOLPIX A900」「COOLPIX B700」、アクションカメラ「KeyMission 360」の発売を延期

-CP+2016発表のコンパクト機「COOLPIX A300」「COOLPIX B500」「COOLPIX A900」「COOLPIX B700」と、CES2016発表のアクションカメラ「KeyMission 360」の発売を延期。
-延期理由として、「ソフトウェアの調整に時間を要しているため」と告知。
-「COOLPIX A300」「COOLPIX B500」は、当初の「4月発売予定」から、「5月発売」に。
-「COOLPIX A900」「COOLPIX B700」は、当初の「4月発売予定」から、 「7月発売」に・
-アクションカメラ「KeyMission 360」は当初の「今春発売予定」から大幅に遅れ、「10月発売」に。

●ニコン
DXフォーマットハイエンドデジタル一眼レフ「D500」、発売日決定。4月28日発売へ
-3月発売予定だった「D500」と関連アクセサリーの発売日を決定。
-一度発売時期が延期され、当初の「3月予定」から、「4月下旬発売予定」と告知していたが、今回「4月28日発売」に決定。
-今回発売されるのは「D500ボディー」「D500 16-80 VR レンズキット」。
-おもなアクセサリー関係として、「ワイヤレストランスミッター WT-7」「マルチパワーバッテリーパック MB-D17」「セミソフトケース CF-DC8」「ストラップ AN-DC17」「USBケーブル用端子カバー UF-7」「ステレオミニプラグケーブル用端子カバー UF-8」などが同日発売に。

04/19
(火)
●キヤノン
秒16コマの超高速連写や4K60fps動画・静止画切り出しに対応した
フルサイズ2,020万画素CMOSを搭載したハイエンドデジタル一眼レフ「EOS1D X MarkII」、発売日決定

-EOSシリーズのハイエンドデジタル一眼レフ「EOS-1D X MarkII」。
-発表当初、「4月下旬発売」としていた発売時期を「4月28日発売」に決定。
-連写速度は、ライブビュー時秒16コマを実現。
-イメージセンサーは、35mmフルサイズでデュアルピクセルAFの2020万画素CMOSを搭載。
-常用ISO感度51200、拡張で409600。
-高速連写は以前の12コマから14コマ、ミラーアップ時は16コマ。
-AFは61点AFセンサー。41点クロス。全F8対応。中央のみ-3.0EV。測距点は縦方向に広がった配置に。
-測光系には、36万画素RGB+IRセンサー採用。フリッカーレス撮影可能。
-動画性能は4K60P対応。FHDでは120fps。
-4K動画からの静止画切り出し機能を搭載。
-同日に下記の関連アクセサリーも発売開始。「ワイヤレスファイルトランスミッターWFT-E8B」「バッテリーパックLP-E19」「バッテリーチャージャーLC-E19」「ACアダプターAC-E19」「DCカプラーDR-E19」「フォーカシングスクリーンEc-C6」。
-オープンプライス。実売73万円前後。4月28日発売。

●ケンコー・トキナー
薄型で表面硬度9H超の高透明度を実現した
「Zeta Super Slim液晶保護ガラス」に「ニコンD5」「D500」「富士フイルムX-Pro2」用を追加

-薄さ0.15mmでスマートフォン用ガラスを採用した「Zeta Super Slim液晶保護ガラス」のラインナップを拡充。
-あらたに、「ニコン・D5用」「同D500用」「富士フイルム・X-Pro2用」の3種を追加。
-超薄型のため、バリアングル液晶にも対応可能。
-表面硬度はフィルムより圧倒的に強い9Hを実現。
-表面に反射軽減のARコートを採用。指紋や油汚れも簡単に拭き取れる仕様に。
-新開発のバブルレス加工により、気泡が残らない仕上がりに。
-アルコールパッド・ほこり取りシート、クリーニングクロス付属。
-4,200円。4月中旬発売開始。

04/18
(月)
●ソニー
平成28年熊本地震の影響について告知。デジタルカメラ用
イメージセンサー生産の熊本テクノロジーセンターは活動停止。被害確認中で余震により再開未定に

-世界最大シェアのソニー製イメージセンサーの主力生産拠点が、熊本地震で被災。
-地震発生時、各事業所内勤務の従業員に人的被害はなし。
-デジタルカメラ用イメージセンサーやディスプレイデバイス生産拠点の、熊本県菊池郡のソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(株)の熊本テクノロジーセンターは、地震発生直後より生産停止。
-現在、建屋や生産装置の被害状況を確認中。
-余震が続いており、生産再開は未定。
-スマートフォン向けイメージセンサーの主力工場の長崎テクノロジーセンター(長崎県諫早市)、大分テクノロジーセンター(大分県大分市)は、地震発生後、一部の生産装置を一時停止。4月17日より順次復旧し生産再開。
-同社鹿児島テクノロジーセンター(鹿児島県霧島市)は、地震発生後、大きな影響はなく稼働。

●タムロン
平成28年熊本地震で被災したタムロンレンズの修理対応について告知。通常価格の50%で対応
-今回の平成28年熊本県熊本地方の地震で不具合が発生した同社レンズの修理対応について告知。
-災害救助法適用地区で被災した、現行のタムロンレンズで修理可能なものを、通常修理の50%の料金で修理可能に。
-送料は相互元払いに。
-対応期間は2016年10月31日受付分まで。

●オリンパス
平成28年熊本地震で被災したオリンパス製品の修理特別対応について告知。通常価格の50%で対応
-今回の熊本地震で故障したオリンパス製品の修理対応について告知。
-通常修理の50%での特別割引で対応。
-対象製品はオリンパスのデジタルカメラ、フィルムカメラ、ICレコーダーなどで、修理可能なもの。
-対象地域は平成28年熊本地震の災害救助法適用地域が対象。
-修理には原則、公的機関発行の罹災証明書の添付が必要。
-対応期間は 2016年10月31日受付分まで。

04/17
(日)
●カールツァイス
Eマウント用フルサイズ対応AF超広角レンズ「ZEISS Batis 2.8/18」、本国発表
-カールツァイスのEマウント用フルサイズ対応AFレンズ「Batis」シリーズを拡充。
-あらたに、超広角レンズの「ZEISS Batis 2.8/18」をラインナップに追加。
-Batisシリーズ共通のOLEDによる焦点距離と被写界深度表示を採用。
-10群11枚構成のディスタゴン形式を採用。4枚の両面非球面レンズと7枚の特別ガラスを採用。
-AF駆動源にはリニアモーターを採用。高速で静かなAF駆動が可能。
-価格は1499ユーロもしくは1,499USドル。欧州では5月発売予定。

04/16
(土)
●ソニー
「平成28年熊本地震」の被災地・被災者向けに約3,000万円相当を緊急支援
-ソニーグループが、熊本地震の被災者の救援活動向けに約3,000万円相当の緊急支援を実施。
-ソニー(株)として、災害義捐金2,000万円を拠出。
-グループ会社社員の救援募金と、マッチングギフト、ラジオなどの製品寄贈、ソネットポイントによる寄付も実施予定。

04/15
(金)
●ニコン
平成28年熊本地震での罹災品修理対応について告知。通常修理の50%で実施
-昨日の熊本地震での災害で不具合が発生した同社モデルの修理体制について告知。
-修理料金を特別割引として、通常の50%に。
-対象製品は、デジタルカメラ、フィルムカメラ、交換レンズ、アクセサリーほか。
-原則として公的機関の罹災証明書(コピー可)が必要。
-対応期間は2016年10月31日受付分まで。
-詳細は当該ページ参照。

●キヤノン
平成28年熊本県熊本地方地震で被災した同社製品を特別料金で修理可能
-昨日の熊本地方での地震で被災したキヤノン製品を特別料金での修理対応。
-修理可能なカメラ、パーソナル製品、事務用品が対象。修理不可能な場合も。
-対象地域は同地震により災害救助法が適用となった市町村に。
-特別修理料金は、保証期間内外を問わず、修理料金は半額。送料・諸掛りはお客様負担に。
-対応期間は10月14日修理受付け分まで。
-修理品送付や持ち込み時は必ず、「平成28年熊本県地震による被災機」と明記のこと。

04/14
(木)
●ライカカメラジャパン
ライカ社のレンズ、双眼鏡などの一部製品の価格を改定。5月10日より実施
-ライカカメラ製品の一部の価格を改定。
-対象になるのは、ライカ社のレンズと双眼鏡に。
-新価格についての詳細な告知は、現時点でナシ。
-5月10日より価格改定。

[ファームウエアUPDATE]
●ソニー
Eマウント用レンズ「E PZ 18-105 mm F4 G OSS(SELP18105G)」用ファームウエア03
-パワーズーム内蔵レンズ「E PZ 18-105mm F4 G OSS(SELP18105G)」用最新ファームウエアを公開。
-今回のソフトウェアバージョン 03では下記の点を改善。
-MFモードでのズーム操作中にズームを停止した時のピント位置精度を改善。

●シグマ
「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art SIGMA」「SIGMA 30mm F1.4 DC HSM | Art SIGMA、CANON」「・SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art SIGMA、CANON」用レンズファームウエア
-4月22日発売の「SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11」に対応する、最新レンズファームウエアを公開。
-対応レンズは「35mm F1.4 DG HSM | Art SIGMA」「SIGMA 30mm F1.4 DC HSM | Art SIGMA、CANON」「SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art SIGMA、CANON」の3種。
-SIGMA USB DOCK専用ソフトウェア「SIGMA Optimization Pro」経由でのレンズファームアップが可能。

04/13
(水)
●ソニー
USB3.1対応でSDカードにも対応するXQDカードリーダ「MRW-E90」、発売日決定
-ソニーのXQD&SDカードリーダー「MRW-E90」の発売日を決定。
-2月5日に発売延期を告知していたが、今回あらためて発売日を「6月15日」に決定。
-同カードリーダーは超高速アクセスが可能なUSB3.1に対応。
-XQDカードだけなく、SDカードのUHS-IIにも対応。
-オープンプライス実売5,880円前後。6月15日発売。

04/12
(火)
●リコーイメージング
フルサイズ3,640万画素CMOSを搭載した
ボディー内手ぶれ補正機能搭載デジタル一眼レフ「PENTAX K-1」発表。フルサイズレンズ2種、発売日決定

-同社初のフルサイズデジタル一眼レフ「PENTAX K-1」を正式発表。
-2月23日の発表当初、「4月下旬」としていた発売時期を、「4月28日発売」に決定。
-フルサイズ一眼レフ初のボディー内手ぶれ補正機能搭載機に。
-フルサイズ対応標準ズーム「HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR」、超広角大口径ズーム「HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR」も同時発売に。
-イメージセンサーは、35mmフルサイズの3,640万画素CMOSセンサーを搭載。
-フルサイズ機ながらも、5軸式のセンサーシフト式手ぶれ機構を搭載。約5段分の補正効果を発揮。
-さらに、同機能を使ったリアル・レゾリューション・システムも進化。動体補正機能を搭載し、動体を検知した合成処理に。
-背面ディスプレイに独自のフレキシブルチルト機能を採用。光軸から大きく外れずに液晶の稼働が可能に。
-ファインダー視野率100%。倍率0.70倍。
-従来のDAレンズ使用時にはクロップ機能を搭載、クロップ解除も可能。
-大きさは約136.5×110×85.5mm。重さ約925g。
-「K-1」はオープンプライス。「FA 28-105mmF3.5-5.6」90,000円。「FA 15-30mmF2.8ED」250,000円。
-4月28日発売。

●ケンコー・トキナー
アウトドアやタウンユース、旅行など
多目的に使えるカメラ用リュック「aosta OEJリュック」発表

-さまざまなシーンで多目的に使えるリュック型カメラバッグ「aosta OEJ」シリーズを発表。
-ネーミングの「OEJ」は、O(Outdoor) 、E (Everyday use) 、J(Journey)の略に。
-本体の材質には高い耐久性のターポリンとポリエステル生地を採用。
-本体にPCやタブレット用のポケットを装備。
-リュックの側面に、三脚用固定ベルトやホルダーを装備。ポーチやドリンクホルダーが付属。
-インナーケースとして、LサイズとSサイズが、各1つずつ付属。
-大きさは、外寸法が約350×550×170mm。重さ約1,460g。インナーケースの内寸法は、Lが150×120×D110mm。Sは110×120×110mm。
-色はレッド、ネイビー、イエローの3種を用意。
-オープンプライス。実売13,000円前後。4月12日発売。

04/11
(月)
●SanDisk
写真家のための、480GBのSSD内蔵IP55対応防塵防滴
USB3.0対応ポータブルストレージ「SanDisk Extreme 510 Portable SSD」、4月出荷開始

-写真家のために開発された、SSDベースのUSB3.0対応ポータブルストレージ。
-秒430MBの超高速アクセスが可能。大容量ファイルのバックアップに最適な高速性を実現。
-1.8m落下の耐衝撃性と防塵性に加え、IP55相当の防水性能を実現した480GBの上級モデル「SanDisk Extreme 510 Portable SSD」を4月出荷開始。
-インターフェースはUSB3.0。書き込み速度400MB/秒、読み出し速度は430MB/秒の高速アクセスを実現。

-USBバスパワー方式のため、別途電源の必要なし。
-ポータブルストレージのため、盗難時に配慮し、128ビットのパスワード保護が可能。
-防塵防滴ではないタイプの「SanDisk Extreme 500 Portable SSD」は発売中。
-オープンプライス。実売価格は45,000円前後。4月出荷開始。

[ソフトウエアUPDATE]
●リコー
RICOH THETA アプリ Ver.1.7.0
-全天球カメラ「RICOH THETA」用アプリをバージョンアップ。
-今回のVer.1.7.0では下記の点を改善。
-Facebookへ360Videoを投稿する際のプログレスバーを追加。
-iOS、Android用。

04/10
(日)
●DigitalCamera.jp
デジタルカメラ売れ筋ランキング、2016年3月分公開
-マップカメラ様のご協力による、2016年3月のデジタルカメラ売れ筋ランキング。
-新品カメラはトップは、新製品の「富士フイルム・X-Pro2」に。ミラーレスがトップになるのは半年ぶり。
-2位は「OM-D E-M10 EZダブルズームキット」。3位は「PEN-F」、4位は「α7II」と、上位はミラーレスが独占。
-中古カメラのトップは「EOS 7D」に。2位は「EOS 6D」、3位は「D800」。
-4位には「EOS 7D MarkII」、5位には「EOS 5D MarkIII」に。


04/09
(土)
●オリエンタルホビー
コンパクトで高品位な
フィルター装着も可能な「JJC・FUJIFILM X70 専用金属レンズフード」発表

-富士フイルムの高級コンパクトカメラ「X70」専用に設計された金属製レンズフードを発表。
-レンズフードとしての効果はもちろん、付属のアダプターリングにより49mm径のフィルター装着が可能。
-さらに、フード前面にレンズキャップも装着可能に。
-素材はアルミ製。色は、ブラックとシルバーの2色を用意。
-大きさは、 直径57mm、 高さ22 mm。重さ20.5g。
-3780円。4月9に発売開始。

[ファームウエアUPDATE]
●ライカカメラジャパン
ライカS(Typ 007)用の最新版ファームウェアVersion 3.0.0.0
-ミディアムフォーマット機「ライカS(typ007)」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVersion 3.0.0.0では、下記の点を改善。
-レンズのファームウェアのアップデートが自動に。
-ライブビューボタンの機能がカスタマイズ可能に。
-シャッターレリーズボタンの半押しで AE ロックができるように改善。
-AUTO ISO の表示が背面と上面のディスプレイに表示可能に。
-動画撮影中のマークが上面ディスプレイに表示可能に。
-GPS アイコンおよび Wi-Fi アイコンが背面ディスプレイに表示可能に。
-その他、複数の改良とバグを修正。

04/08
(金)
●ソニー
24〜600mm相当でF2.4〜4.0の25倍ズームを搭載した
4K動画や960fps撮影対応1.0型20.1メガCMOS搭載機「Cyber-shot RX10III」、国内正式発表

-高倍率ズーム搭載1.0型センサー搭載機「Cyber-shot RX10 III」、日本国内向け発表。
-レンズに24〜600mm相当で、F2.4〜4.0と大口径な、新開発のZEISSバリオゾナー25倍ズームを搭載。スーパーEDガラス1枚とEDガラス5枚を採用し高画質化を実現。最短撮影距離72cm。約1/2倍接写が可能。
-イメージセンサーは1.0型20.1メガ裏面照射型CMOSを採用。
-動画撮影は4K対応。S-Log2記録可能。960fpsの40倍速の超高速度撮影が可能。
-最高速度は1/32,000秒を実現。アンチディストーションシャッターを採用。
-被写体の動きを予測する高速AF機能を搭載。わずか0.09秒でロックオン可能。
-EVFは約235万ドットのOLEDを搭載。背面ディスプレイはチルトタイプに。
-大きさは132.5×94.0×127.4mm。重さ約1,095g。
-オープンプライス。実売17万円前後。5月20日発売。

●ソニー
同レンズシステムで最望遠になる高画質で近接撮影に優れた
Eマウント用フルサイズ対応Gレンズ望遠ズーム「FE 70-300mm F4.5-5.6 G OS」、国内正式発表

-Eマウント用望遠ズーム「FE 70-300mm F4.5-5.6 G OS」を、日本国内向けに正式発表。
-「FE 70-300mm F4.5-5.6 G OS」は、Eマウント用レンズで最長焦点距離の300mmまでをカバー。
-非球面レンズ4枚と特殊低分散ガラス2枚を採用し、高解像度化を実現。ナノAREコート採用。
-最短撮影距離は0.9m。最大像倍率0.31倍のクローズアップ撮影が可能に。
-高速で滑らかなAFを実現。光学手ぶれ補正機能も搭載。
-大きさは最大径84mm、全長143.5mm。重さ約854g。
-170,000円。4月28日発売。

●ソニー
軽量でコストパフォーマンスな
フルサイズ対応のEマウント用大口径標準レンズ「FE 50mm F1.8」、国内正式発表

-軽量でコストパフォーマンスなEマウント用標準レンズ「FE 50mm F1.8」を、日本国内向けに正式発表。
-F1.8と明るく、重さも192gと軽量な標準レンズに。
-非球面レンズを採用した新設計の光学系を採用。
-背景の円形ボケを重視した開口率の高い設計に。
-コストパフォーマンスなレンズながらも、金属マウントを採用。
-最短撮影距離0.45m。
-大きさは最大径68.6mm、長さ59.5mm。重さ約186g。フィルター径49mm。
-38,000円。4月28日発売。

●シグマ
明日4月9日、表参道で新製品体感イベントを開催。「sd Quattro」の展示や
「MOUNT CONVERTER MC-11」「30mm F1.4 DC DN」「50-100mm F1.8 DC HSM 」の無料貸し出しを実施

-明日4月9日、表参道でシグマの新製品体験イベントを実施。
-会場は「Polygon 表参道」(渋谷区神宮前5-9-15 トータルアートワークスクエアB2)。入場無料。
-開催日時は、4月9日(土) 10:30〜16:30。
-新製品の実機体験が可能。おもな展示機は「SIGMA sd Quattro」(レンズ交換やデータ持ち帰り不可)。
-さらに、新製品の実写体験も可能。「SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporary(ソニーEマウント用/マイクロフォーサーズ用)」「SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art(シグマ用/キヤノン用/ニコン用) 」、SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 (SIGMA SA-E用/CANON EF-E用) 」は貸し出し機材を用意。
-詳細は当該ページ参照。

●富士フイルム
1986年発売から30年を記念した数量限定キット
「『写ルンです』30周年 アニバーサリーキット」、本日発売開始

-1986年7月発売の初代「写ルンです」から30年目を記念したアニバーサリーキットを発売。
-キットには「写ルンです」シンプルエース27枚撮りに加え、初代「写ルンです」のデザインをイメージした30周年記念着せ替えカバーを付属。
-さらに、「写ルンです」専用フィンガーストラップや、「写ルンです」小冊子を同梱。
-オープンプライス。4月8日発売。50,000本数量限定。

04/07
(木)
●キヤノン
24-100mm相当の大口径ズーム搭載
1インチセンサー採用高級コンパクト機「PowerShot G7 X Mark II」発売日決定。4月21日発売に

-インチセンサーと大口径ズームを搭載した、小型軽量な高級コンパクト機「PowerShot G7 X Mark II」の発売日を決定。
-2月18日の発表時、「4月下旬」としてた発売時期を「4月21日発売」に決定。
-イメージセンサーに2,010万画素の1インチセンサーを搭載。
-画像処理エンジンには、DIGIC7を初搭載。手ブレ補正や被写体の追尾・検出機能を強化。
-レンズは24〜100mm相当でF1.8〜2.8の大口径ズームを採用。
-大きさは約105.5×60.9×42.2mm重さ約294g。
-オープンプライス。4月21日発売。

●パナソニック
スマートフォンやデジタルカメラの画像データを簡単操作で
保存・共有できる32GBメモリー内蔵「パーソナルメモリーマネージャー BN-SDPAP3」発売日決定

-スマートフォンやデジタルカメラのデータを保存共有できる、パーソナルメモリーマネージャー「BN-SDPAP3」。
-1月14日の発表当初「2月17日発売」としていたが延期され、今回、「4月22日発売」に。
-家庭内各自の画像データを一元管理したり、スマートフォンのデータを外部保存したいという要望に応える製品として開発。
-内蔵メモリーは32GB。拡張用SDカードスロットでメモリー容量の拡張も可能。
-データ取り込みはUSBやSDカード経由。WiFi機能を内蔵し、WiFi搭載LUMIXからのワイヤレスデータ転送が可能。
-クラウドへのアップロードも可能に。
-テレビでの表示は、クラウド経由でスマートテレビのネット機能により対応。
-対応データ形式はJPEGとMP4、MOV。
-オープンプライス。4月22日発売。

[ファームウエアUPDATE]
●シグマ
「SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporary」マイクロフォーサーズ用 ファームウェアVer.1.1
-マイクロフォーサーズ用大口径レンズ「30mm F1.4 DC DN | Contemporary」の最新ファームウエアを公開。
-今回のVer1.1では、JPEG撮影時、歪曲収差が補正されない点を修正。

04/06
(水)
●ソニー
Eマウント用Gマスターレンズ
「FE 24-70mm F2.8 GM (SEL2470GM)」の供給不足について告知

-2月19日受注開始した、Gマスターの第一弾「FE 24-70mm F2.8 GM(SEL2470GM)」。
-現在「弊社の予想を大幅に上回るご注文をいただいており、生産が要望に追いつかない状況」に。
-そのため、発売後、しばらく入手できない状況に。
-278,000円。4月28日発売。

[ソフトウエアUPDATE]
●キヤノン
Digital Photo Professional 4.4.30 for Windows
Digital Photo Professional 4.4.30 for Mac OS X
-純正RAW現像ソフト「DPP」の最新版を公開。
-今回のVer.4.4.30では下記の新機種に対応。
-あらたに「PowerShot G7 X Mark II」「EOS-1D X Mark II」「EOS Kiss X80」「EOS 80D」「EOS Kiss X4」「EOS Kiss X3」「EOS Kiss X2」「EOS Kiss F」「EOS 50D」「EOS-1Ds Mark III」「EOS-1D Mark III」「PowerShot G16」「PowerShot S120」「PowerShot G1 X」に対応。
-新レンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」に対応。

EOS Utility 3.4.30 for Windows
EOS Utility 3.4.30 for Mac OS X
-カメラの設定やリモート撮影を行うソフトウエア「EOS Utility」の最新版。
-EOS-1D X Mark II, EOS Kiss X80, EOS 80D に対応。
-EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMに対応。

Picture Style Editor 1.16.30 アップデーター for Windows
Picture Style Editor 1.16.30 アップデーター for Mac OS X
-オリジナルのピクチャースタイルを作成/保存できる「Picture Style Editor」の最新版を公開。
-今回のVer.1.16.30では、「PowerShot G7 X Mark II」「EOS-1D X Mark II」「EOS Kiss X80」「EOS 80D」に対応。

04/05
(火)
●パナソニック
ローパスレスの4/3型16メガLive MOSセンサーと新ヴィーナスエンジンを搭載
5軸手ぶれ補正や4Kフォトに対応したミラーレス機「LUMIX DMC-GX7 Mark2」発表

-基本機能を大幅に進化させた、LUMIX GXシリーズの中堅機「GX7」の後継機「GX7 Mark2」を発表。
-サイズ感や外観デザインは、ほぼ先代の「GX7」を踏襲。機能を大幅にリファイン。
-イメージセンサーに、ローパスレスタイプの4/3型1,600m万画素LiveMosセンサーを搭載。
-画像処理エンジンには、新ヴィーナスエンジンを搭載。より解像感の高い描写を実現。
-ボディー内手ぶれ補正機能が進化。5軸手ぶれ補正タイプになり、補正効果4段分に。さらに、レンズ内手ぶれ補正との連携でさらに高い効果を得るDual I.Sを搭載。
-階調性を向上させたモノクロモード「Lモノクローム」を新搭載。
-4K/30fps動画撮影に対応。4Kフォト機能やフォーカスセレクト機能を新搭載。星空AFモードも搭載。
-EVFはチルト式から固定式になり、デバイスは276万ドット液晶を搭載。
-背面ディスプレイは、チルト式の3.0型約104万ドットの静電式タッチ液晶を採用。
-連写速度は秒8コマ(AFS時、AFC時は6コマ)。撮影枚数はRAW+JPEG時40枚以上。JPEG時100枚以上。
-ボディーカラーは、シルバーとブラックを用意。
-大きさは、約122×70.6×43.9mm。重さ約426g。
-オープンプライス。5月18日発売。

[ファームウエアUPDATE]
●ニコン
「D810」「D810A」用ファームウエア Ver.1.11
-36メガ一眼レフ「D810」「D810A」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.1.11では、ワイヤレスリモートコントローラー「WR-R10」のファームウェアがVer.3.00の場合、カメラに WR-R10 を装着するとカメラが応答しなくなる場合がある点を修正。

04/04
(月)
●コシナ
EDマウント用のフルサイズ対応超広角レンズ
「フォクトレンダー SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III E-mount」発売日決定

-CP+2016で発表された、Eマウント用フルサイズ対応超広角レンズ「フォクトレンダー SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III E-mount」。
-今回、同レンズの発売日を「4月27日」発売に決定。
-同レンズは、フルサイズ対応の超広角レンズで、画角110度をカバー。
-画面周辺部の色かぶりの発生を防ぐため、ソニーEマウントセンサーの入射光線角度に最適化し設計。
-ソニーEマウント対応レンズのため、電子接点を搭載。レンズ情報のExif情報対応も可能に。
-距離エンコーダーを内蔵しし、ボディ内5軸手ブレ補正にも対応。
-さらに、フォーカスリングの回転操作での、ファインダーの拡大表示なども可能。
-115,000円。4月27日発売。

●コシナ
カールツァイス「Milvus 2/100」「Milvus 2/50」の発売時期を延期
-カールツァイスのマニュアルフォーカス用レンズ2本の発売時期を延期。
-デジタルカメラ向けに設計された、フルサイズ用のマニュアルフォーカス専用の新シリーズ。
-今回、大口径望遠レンズ「Milvus 2/100」と、大口径標準系マクロレンズ「Milvus 2/50」の発売時期を延期。
-「Milvus 2/100」は6月、「Milvus 2/50」は7月発売へ。
-「Milvus 2/100」214,500円・6月発売。。「Milvus 2/50」151,000円・7月発売。

04/03
(日)
●フォーサーズ事務局
4月3日に撮影フォーサーズ機で撮影した作品による
ユーザー参加型オンライン写真展「フォーサーズの日 2016」開催

-本日4月3日の「フォーサーズの日」を記念したオンライン写真展を開催。
-4月3日に、フォーサーズもしくはマイクロフォーサーズ機で撮影された作品を事務局に送ることで参加可能。
-作品はすべて、後日、フォーサーズサイトで紹介。
-さらに抽選300名にマイクロフォーサーズマウント型ペーパークリップをプレゼント。
-詳細は当該ページ参照。

04/02
(土)
●ハクバ
カメラの背面ディスプレイをカバーする
「液晶保護フィルム Mark II」に「Canon EOS Kiss X80 / X70 専用」「PENTAX K-1 専用」を追加

-各機種の液晶画面にあわせた専用サイズの「液晶保護フィルム Mark II」のラインナップを拡充。
-あらたに「Canon EOS Kiss X80 / X70 専用」「PENTAX K-1 専用」の2種を追加。
-貼った時に入った気泡が自然に抜けるバブルレスタイプに。

-すり傷や爪跡に強い耐久性を実現。クラス最高レベルの表面硬度に。
-ブルーレイヤー反射防止コーティングによりフィルム面での表面反射を軽減。
-フィルムを貼る前に液晶を安心してふける超極細繊維不織布液晶クリーニングペーパー付属。
-「EOS Kiss X80 / X70 専用」1,404円、「PENTAX K-1専用」2,376円。3月30日発売。


04/01
(金)
● DigitlCamera.jp 【4月1日 エープリルフール特集】
-2016年度が始まる本日、4月1日。
-コンパクトカメラ市場に加え、一眼レフ市場も伸び悩んでいる一方、今年はオリンピックイヤーであり、秋にはフォトキナも開催されるなど、話題に事欠かないなか、各社から今期期待の新製品が続々登場。
-ここでは毎年恒例の夢の最新情報を速報しよう。



●二コン
FXフォーマット4,200万画素裏面照射型CMOSセンサー搭載
ローパスレスデジタル一眼レフ「D5X」発表。今秋発売予定に

-「D5」をベースに、最新設計のFXフォーマット42メガCMOSを搭載。
-イメージセンサーはFXフォーマットの裏面照射型42メガCMOSセンサーを搭載。画像処理システムは最新の「Expped 6」を採用。
-高画素化と高感度画質を両立。「D810」を超える実効感度を実現。
-基本ボディーはプロ用機「D5」に。
-連写速度は秒6コマ。RAWモード(圧縮RAW/14ビット記録)で連続40枚の撮影が可能。
-メモリーカードはXQDもしくはSDカードのデュアルスロットを採用。
-4K出力機能を搭載。4Kモニターの外部を使った撮影も可能に。
-オープンプライス。実売98万円前後。今秋発売予定。

●二コン
「D750」ベースでアナログ感覚の操作性を採用した
コンパクトなFXフォーマット機「New D50」発表。年内発売予定に

-「Df」のテイストを引き継ぎながら、薄型軽量化を図った「New D50」を開発。
-「Df」よりも薄型でややコンパクトになり、銀塩時代の「FM」的なサイズを実現。
-「D750」をベースに、テイストは「Df」感覚のモデルに。
-イメージセンサーはFXフォーマットの2400万画素裏面照射型CMOSを搭載。
-画像処理システムには「Expped6」を採用。
-連写速度は秒7コマ。連続60枚のRAWデータ撮影が可能。
-メモリーカードはUHS-II対応SDカードを採用。
-開発発表。実売35万円前後。年内発売予定。

●キヤノソ
「EOS-1D X MarkII」をベースに超高画質EVFを搭載した
秒20コマ超高速連写対応ミラーレス機「EOS-1D M 」開発発表

-「EOS-1D X MarkII」の姉妹機となる、秒20コマの超高速連写を搭載。
-「EOS-1D X MarkII」ベースに一眼レフファインダーを廃し、超高画質EVFを搭載。
-ミラーレス化により、さらに高速な秒20コマの超高速連写を実現。
-イメージセンサーは「EOS-1D X MarkII」と同じフルサイズ2,020万画素AMOSを搭載。
-AF-CモードはデュアルピクセルCMOSを採用。
-EVFは独自方式を採用。ピントグラス面に35mmフルサイズの800万画素60fpsの超高精細液晶を配置。ペンタプリズムを介して液晶を覗く方式を採用。違和感のない撮影間隔を実現。
-動画撮影は4K60fps。
-映像エンジンは「DIGC 6」を2基搭載。
-オープンプライス。市場想定価格は約100万円前後。今夏発売。

●ソ二ー
シリーズ初の防塵防滴仕様のフルサイズハイエンド機「α9」シリーズ、今秋発売へ
-αシリーズのハイエンドシリーズになる「α9」ラインを、今秋のフォトキナで発表。
-プロ用機として、高い耐久性と耐候性を実現。防塵防滴構造を採用。シャッター耐久100万回。
-4DフォーカスAFがさらに進化。一眼レフを凌駕する超高速AF連写性能を発揮。
-スタンダードな「α9」は、新開発の裏面照射型24メガCMOSを搭載。
-高感度タイプの「α9S」は、裏面照射型16メガCMOSを搭載。
-高画素タイプの「α9R」は、裏面照射型42メガCMOSを搭載。
-動画記録向けの「α9V」は、裏面照射型42メガCMOSで8Kムービーに対応。
-いずれも、最新の16bitRAWデータ記録に対応。4K HDRにも対応。
-オープンプライス。今秋より順次発売予定。

●パナン二ック
4K60fpsと4K HDRムービーに対応したマイクロフォーサーズ機「LUMIX GH5」、今秋発表
-LUMIX Gシリーズのハイエンドモデル「GH5」、今秋フォトキナで発表。
-イメージセンサーは新開発の4/3型24メガ裏面照射CMOSを搭載。
-4Kフォト機能がさらに進化。秒60fpsの高速記録に対応。
-動画機能は、4K60fpsはもちろん、4K HDR撮影にも対応。
-オープンプライス。今秋発売予定。

●ツグマ
ソ二ーのEマウントを採用した
同社初のショートフランジバック型ミラーレス機「SM1 Quattro」発表
-ツグマ初のショートフランジバックタイプのミラーレス機「SM1 Quattro」。
-レンズマウントには、ソ二ーのEマウントを採用。Eマウントレンズも装着可能。
-同社の各社マウントをフルに活用できる、各マウント向けマウントアダプターを用意。
-社長の山本氏は「Foveonの良さをたくさん人に楽しんで欲しい。これからは目的に応じて、ボディーを交換する時代」とコメント。
-ベースは発表済みの「SD Quattro」に。
-オープンプライス。今秋発売予定。



ということで、今年も恒例の、エープリルフール特集をお送りしました。いずれも、決して、信じないでください! なにとぞ、よろしくお願いします。




●ソニー
ミラーレス用のEシリーズの
マウント用フルサイズ対応「Gマスターレンズ」「FE 24-70mm F2.8 GM」「85mm F1.4」発売日決定
-フルサイズのEマウント用大口径レンズ「FE 24-70mm F2.8 GM」「FE 85mm F1.4 GM」の2本の発売日を決定。
-国内発表時、「4月発売」としていた発売時期を「4月23日」に決定。
-「FE 24-70mm F2.8 GM」は278,000円。「FE 85mm F1.4 GM」は225,000円。4月23日発売。

03/31
(木)
●ニコン
OS X 10.11“El Capitan”の対応状況についての情報をアップデート
-Mac用OS「OS X 10.11 “El Capitan”」での同社アプリ対応状況についてアップデート。
-現在、下記のアプリについては対応済み。「Capture NX-D Ver.1.4.0」、「ViewNX-i (ViewNX-Movie Editor含む) Ver.1.2.0」、「Picture Control Utility 2 Ver.2.2.0」、「Nikon Message Center 2 Ver.2.3.」、「Camera Control Pro 2 Ver.2.22.0」、「Wireless Transmitter Utility (旧 WT-4 Setup Utility) Ver.1.6.1」。
-GP-N100 Utilityは、GPSユニット「GP-N100」本体が認識さず、利用不可。アップデート予定もなし。
-下記ソフトウェアは、同OSへの新規インストール不可。アップデート予定もなし。「IPTC Preset Manager Ver.1.0.0」「ViewNX 2 Ver.2.10.3」、「Capture NX 2 Ver.2.4.7」「Short Movie Creator Ver.1.4.0」。
-このほか、対応予定のないアプリも多数。詳細は当該Web参照。

03/30
(水)
●欧米ソニー
同レンズシステムで最望遠になる高画質で
近接撮影に優れたEマウント用望遠ズーム「FE 70-300mm F4.5-5.6 G OS」、海外向け発表

-Eマウント用望遠ズーム「FE 70-300mm F4.5-5.6 G OS」を、海外発表。
-「FE 70-300mm F4.5-5.6 G OS」は、Eマウント用レンズで最長焦点距離の300mmまでをカバー。
-非球面レンズ4枚と特殊低分散ガラス2枚を採用し、高解像度化を実現。ナノAREコート採用。
-最短撮影距離は0.9m。最大像倍率0.31倍のクローズアップ撮影が可能に。
-高速で滑らかなAFを実現。光学手ぶれ補正機能も搭載。
-1,200ドル。欧米4月発売予定。

●欧米ソニー
軽量でコストパフォーマンスなEマウント用大口径標準レンズ「FE 50mm F1.8」、海外向け発表
-軽量でコストパフォーマンスなEマウント用標準レンズ「FE 50mm F1.8」を、海外発表。
-F1.8と明るく、重さも192gと軽量な標準レンズに。
-非球面レンズを採用した新設計の光学系を採用。
-背景の円形ボケを重視した開口率の高い設計に。
-コストパフォーマンスなレンズながらも、金属マウントを採用。
-250ドル。欧米4月発売予定。

●欧米ソニー
24〜600mm相当でF2.4〜4.0の25倍ズームを搭載した
4K動画や960fps撮影対応1.0型20.1メガCMOS搭載機「Cyber-shot RX10III」、海外発表

-高倍率ズーム搭載1.0型センサー搭載機「Cyber-shot RX10 III」、欧米向け発表。
-レンズに24〜600mm相当で、F2.4〜4.0と大口径な、新開発のZEISSバリオゾナー25倍ズームを搭載。スーパーEDガラス1枚とEDガラス5枚を採用し高画質化を実現。最短撮影距離72cm。約1/2倍接写が可能。
-イメージセンサーは1.0型20.1メガ裏面照射型CMOSを採用。
-動画撮影は4K対応。S-Log2記録可能。960fpsの40倍速の超高速度撮影が可能。
-最高速度は1/32,000秒を実現。
-被写体の動きを予測する高速AF機能を搭載。わずか0.09秒でロックオン可能。
-EVFは約235万ドットのOLEDを搭載。背面ディスプレイはチルトタイプに。
-約$1500ドル。欧米4月発売予定。

[ファームウエアUPDATE]
●パナソニック
LUMIX GH4用ファームウエアVer.2.5
-LUMIXの最上位モデル「GH4」用最新ファームウエアを公開。
-今回のVer.2.5では、ピント位置を後から選べる「フォーカスセレクト」モードを追加。「4K フォト」モードも拡張。
-フォーカスセレクトモードでは、ピントをずらしながら秒間30コマで撮影しながら撮影可能に。
-「4K フォト」モードでは、GX8などに先行搭載されていた3種類のモードを利用可能に。
-連写対応の外部フラッシュ使用時に連写発光が可能に。
-「Google ドライブ」に対応。2年間無料で100GB使えるクーポンが入手可能。
-動画撮影中にAF/AEロックボタンでAF-ON操作可能に。
-RAW現像時のデジタル赤目補正動作を改善。
-HDMI映像出力をおこないながらSDカードへ動画記録する際、HDMI出力信号に重畳する記録停止コマンドの送信タイミングの遅れを改善。

03/29
(火)
●キヤノン
13年連続でレンズ交換式デジタルカメラ世界シェアNo.1を達成
-レンズ交換式デジタルカメラの世界市場で、2015年も台数トップシェアを獲得。
-同社は、2003〜2015年までの13年連続で台数トップシェアに。
-2003年に初代「EOS Kiss Digital」を発売し、それ以降No.1に。

●オリンパス
内蔵ストロボでのマクロ撮影が容易にできる
防塵防滴モデル「TG-4」専用アクセサリー「フラッシュディフューザー FD-1」発表

-CP+で参考出品された「STYLUS TG-4 Tough」用フラッシュディフューザー「FD-1」発表。
-同アダプターを装着することで、顕微鏡モードなど超近接撮影時にも適正露出でのストロボ撮影が可能に。
-マクロ撮影時、内蔵フラッシュのみでは光が均一にならないが、同アクセサリー併用により、リングライト的な無影撮影が可能に。
-同アクセサリーに対応した「TG-4用ファームウェアVer.2.0」も同時公開。
-使用可能焦点距離は5.5〜18mm域。
ー撮影可能距離20〜300mm。
-大きさは80.6×60.7mm×奥行:19.8mm。重さ20g。
-「STYLUS TG-4 Tough」用。
-7,500円。4月28日発売。

03/28
(月)
●マウスコンピュータ
クリエイター向けPCの新シリーズ「DAVI」を発売
高速処理が可能なフォトグラファーに最適な「RAW現像向けPC」を発表

-マウスコンピュータが、クリエイターやフォトグラファー向けPCとして「DAVIシリーズ」を展開。
-今回、第一弾としてフォトグラファー向けのDAIV 「RAW現像向けPC」を発売。
-デスクトップ機とノートPCを用意。いずれも、グラフィックカードに「GeForceR GTX シリーズ」を搭載。
-ノートPC型では15.6インチでsRGB95%カバーのフルHD高品位IPS液晶を搭載。
-様々なカスタマイズが可能UPUやSSDなど搭載可能。詳細は当該ページ参照。
-デスクトップ機は109,800円より。ノート型は209,800円より。3月25日発売開始。

●ライカカメラジャパン
英国グローブ・トロッター社とコラボレーションによる
高品位カメラバッグ「GLOBE-TROTTER for LEICA」発表。日本国内限定発売

-英国ラグジュアリーブランド「グローブ・トロッター」社とのコラボレーションしたカメラバッグ「GLOBE-TROTTER for LEICA」を国内限定発売。
-今回のコラボレーションは両社に共通する、真摯なものづくりの姿勢とブランドコンセプトなど価値観が多いことから実現。
-グローブ・トロッターの「ジェット・コレクション」をベースに、ライカのためのスペシャルバッグに。
-ライカTをイメージしたデザインで、内部にカメラを固定できるカメラケースがセットに。
-バッグのほか、ストストラップとキャリングストラップもラインアップ。
-色は、ネイビーとアイボリーの2色。
-5月よりライカストア、グローブ・トロッター銀座で、50個限定発売。
-3月31日オープンの「グローブ・トロッター銀座」で先行展示を開始。

03/27
(日)
●ケンコー・トキナー
アルミ・マグネシウム・チタン合金の脚パイプを採用した
スリックの新シリーズ小型三脚「アル・ティム」発表。「330E」「340E」「330HD」「340HD」発売

-スリックの新小型三脚「アル・ティム」シリーズを発表。
-アルミ・マグネシウム・チタン合金の脚パイプを採用。
-第一弾として最大パイプ径23.4mmのAMT合金パイプ採用のスタンダード三脚4種を発売。
-通常の3Way雲台を搭載した3段脚「アル・ティム 330 E」、4段の「アル・ティム 340 E」。
-動画対応の雲台を搭載した3段式の「アル・ティム 330 HD」と4段式の「アル・ティム 340 HD」。
-26,000円、27,500円、29,000円、30,500円。3月25日より開始開始。

[ソフトウエアUPDATE]
●タムロン
SILKYPIX Developer Studio 4.0 for TAMRON Ver.4.0.11.2
-タムロンのSPシリーズレンズの収差補正に対応したRAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio 4.0 for TAMRON」の最新バージョンを公開。
-今回のVer.4.0.11.2では、新レンズ「SP 85mm F/1.8 Di VC USD (Model F016)」「SP 90mm F/2.8 Di MACRO1:1 VC USD (Model F017)」に対応。

03/26
(土)
●ニコン
最高級デジタル一眼レフ「D5」、本日発売開始。本日より「Nikon D5 名入れサービス」受付開始
-ニコンのハイエンドデジタル一眼レフ「D5」を本日より発売開始。
-さらに、本日より「D5」ボディーへの、有償での名入れサービスの受け付けを開始。
-オーナー名前をレーザーで刻印し色入れしたネームプレートを、グリップ側面に装着可能に。
-受付期間は2016年3月26日より2017年3月31日まで。
-書体は:ゴシック体。文字数は、空白含め20文字まで。文字の高さは:2.5mm。
-申し込みはネットでのフォームもしくはニコンサービス窓口で受付。
-5,000円。3月26日受付開始。

03/25
(金)
●シグマ
ミラーレス機用大口径単焦点レンズ
「SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporary」、マイクロフォーサーズ用レンズで不具合を確認

-ミラーレス用大口径単焦点レンズ「SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporary」のマイクロフォーサーズ用で不具合。
-同レンズのマイクロフォーサーズ用でのJPEG撮影時、歪曲収差補正データが反映されない事が判明。
-修理対応とレンズファームウェアのアップデート準備へ。
-ソニーEマウント用をでは、ボディー側の歪曲収差補正を「オート」設定にすることで歪曲補正が可能。
-該当レンズは修理対応へ。3月28日(月)より受付開始。
-また、ユーザー自身でレンズファームアップによる対応ができるファームウエアも準備中。
-対応済み製品は製品化粧箱に黄色い判別シールが貼られるため、識別可能に。
-詳細は当該ページ参照。

●シグマ
シグマのEFマウントレンズやSAマウントレンズを
ソニーα Eマウントボディーで利用できる「SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11」、発売日決定

-シグマのEFマウントレンズやSA-Eマウントレンズを、ソニーαボディーに装着し、各種連動撮影ができるマウントコンバーター「MOUNT CONVERTER MC-11」。
-発表当初、「価格・発売時期未定」だったが、今回、価格は「37,500円・4月22日発売」に。
-シグマの各レンズごとのデータを搭載し、それに基づき、高速で快適なAF動作を実現。
-さらに周辺光量や倍率色収差、歪曲収差などをカメラ側の機能で補正可能。
-光学手ブレ補正機能にも対応。
-対応レンズはシグマのキヤノンEFマウントレンズ用と、シグマSA-Eマウント用を用意。
-37,500円。4月22日発売。

●シグマ
「35mm F1.4 DG HSM | Art」「50mm F1.4 DG HSM | Art」と「Mount Converter MC-11」を
セットにした「SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 レンズキット」、全世界5,000セット限定発表

-「Mount Converter MC-11」と高画質シリーズ「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art」「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art」を組み合わせた「SIGMA Mount Converter MC-11レンズキット」、全世界5,000台限定発売。
-ベースレンズはそれぞれキヤノンEFマウント用とシグマSA-Eマウント用を用意。
-「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art + SIGMA Mount Converter MC-11キット」155,500円。
-「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art + SIGMA Mount Converter MC-11キット」164,500円。

●米Google
Photoshop、Lightroom、Aperture向けのU Pointテクノロジー搭載
プラグインソフト集「Nik Collection by Google」、本日より無料利用可能に
 UPDATE
-Googleが買収したNik社の超高機能プラグインソフト集「Nik Collection」。
-これまで149ドルだったが、本日より無料で利用可能に。
-「Nikon Capture」に搭載されていた、わかりやすい範囲指定や調整が容易なU Pointテクノロジー搭載。
-「Viveza Viveza」「Analog Efex Pro」「Color Efex Pro Color Efex Pro」「Silver Efex Pro Silver Efex Pro」「HDR Efex Pro HDR Efex Pro」「Sharpener Pro Sharpener Pro」「Dfine Dfine」がすべて無料に。
-Photoshop、Lightroom、Aperture用。
※米国で無料化リリース。日本語ページでは価格表記なしに。

03/24
(木)
●キヤノン
最大4.3倍の高速AFを実現した新開発超音波モーター駆動レンズキット
「EOS Kiss X8i・EF-S18-135 IS USM レンズキット」「EOS 8000D・ EF-S18-135 IS USM レンズキット」発表

-「EOS 8000D」「EOS Kiss X8i」に、新ズームレンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」をセットにしたズームレンズキットを追加。
-AF駆動源に新開発の超音波モーターを採用。従来比で最高4.3倍の高速AFを実現。
-各新キットはいずれも「リオ2016オリンピック日本代表選手団応援キャンペーン」対象製品に。
-オープンプライス。参考価格は各144,800円と139,800円。3月31日発売予定。

[ソフトウエアUPDATE]
●シグマ
SIGMA Photo Pro 6.3.3
-シグマ純正RAW現像ソフト「Photo Pro」の最新版を公開。
-今回のVer.6.3.3では下記の点を改善。
-dp QuattroシリーズのRAWデータで、カラーモードを「ポートレート」に設定すると、調整パレットの画像補正パネルにあるコントラストスライダーやシャドウスライダーが正しく機能しない不具合を修正。
-2016年2月19日リリースの新ファームウェアにアップデートしたボディーのRAWデータ現像したJPEGやTIFFデータをレビューウインドウで表示すると、ごくまれに黒いドット状のノイズが表示される不具合を修正。

03/23
(水)
●ライカカメラジャパン
APS機ライカT用大口径標準レンズ「ズミルックス TL f1.4/35mm ASPH. 」発表
-APSミラーレス機「ライカT」用大口径標準レンズ「ズミルックス TL f1.4/35mm ASPH.」。
-撮影距離全体で絞り開放から圧倒的な高画質に。
-最短撮影距離0.4m。インナーフォーカス式を採用。
-8群12枚構成。非球面レンズ4面採用。
-大きさは全長約77mm、最大径約70mm。重さ約 428g。
-ブラックアルマイト仕上げと、シルバーアルマイト仕上を用意。
-オープンプライス。3月31日発売。

03/22
(火)
[ソフトウエアUPDATE]
●ニコン
ViewNX-i & Capture NX-D Ver.1.16.010
ViewNX-i Ver.1.2.0
-「ViewNX-i」「 Capture NX-D」の最新版を公開。
-D5に対応。
-ホワイトバランスに「オート 0」 を追加。(D5 のみ対応)
-[画像調整]で表示されるスライダーの目盛を常時表示。各調整のデフォルト位置を表示。
-[オプション] に [RAW現像] メニューを追加。
-[オプション] の [RAW現像] メニューで-[現像時の色空間][RAW サイズ S / M][カラープロセス]の設定可能に。

Picture Control Utility 2 Ver.2.2.0
-ピクチャーコントロールの調整や管理ができるソフトウェア「Picture Control Utility 2」の最新版。
-D5に対応。
-画面デザインをCapture NX-Dと統一感のあるものに変更。
-[ウィンドウ] メニューに [チュートリアル] を追加。
-画像のプレビューサイズが大きくし、調整確認が容易に。
-2画面表示でのプレビュー画像の調整前、調整後の比較が可能に。
-編集パレットが着脱可能に。
-ピクチャーコントロールファイルのバージョン(NCP、NP2)をカメラ名から選択可能。
-作成したカスタムピクチャーコントロールが [ピクチャーコントロールリスト] で条件に並び替え可能。
-作成したカスタムピクチャーコントロールにコメント付加可能に。
-作成したカスタムピクチャーコントロールをパソコンの任意の場所に保存可能に。
-Windows 10 に対応。

Capture NX-D Ver.1.4.0
-「Capture NX-D」の最新版を公開。
-D5に対応。
-ホワイトバランスに [オート 0] を追加。 (D5のみ対応)
-ツールバーに [自動レタッチブラシ] を追加。
-プレビューの表示倍率に関係なくノイズリダクションの効果を反映。
-エディットリストの[カメラとレンズの補正] にある[フイッシュアイ補正] に [画像以外の部分を含めて処理] を追加。
-[ファイル変換] で JPEGを選択した際、画質の初期値を 「60」 から 「85」 に変更。
-環境設定に[RAW サイズ S / M][D1X RAWの初期設定サイズ][現像時の色空間]を追加。
-Capture NX 2 で編集した画像選択時、[他のアプリケーションを使用して画像を開く] メニューやボタンが有効にならない点を修正。
-標準でフロッピーディスクドライブ (FDD) が搭載されているPCでバッチ処理を行うと、FDDへのアクセスすることがある点を改善。
-ニコンのカメラ以外の画像が含まれるフォルダを選択時、プログラムが異常終了する点を改善。
-カスタムピクチャーコントロールに設定された明瞭度の値が反映されないことがある点を改善。
-ISO感度を低感度 (Lo 0.3 〜 Lo 1) に設定した「Df」「D4」のRAW画像をホワイトバランスのグレーポイントサンプルツールで調整後、[ファイル変換] をおこなうと画像が明るくなる点を改善。
-インストールされているセキュリティソフトにより、バッチ処理が正常に行われないことがある点を改善。
-「ファイル」 メニューの「Camera Control Pro 2を開く」で 64bit 版のCamera Control Pro 2 が開けるよう改善。

NEF Codec Ver.1.28.0
-Windows上でニコンのRAWデータをJPEGやTIFFと同じ感覚で扱でるモジュール「NEF Codec」の最新版。
-「D5」で撮影した RAW (NEF) 画像に対応。

Nikon Message Center 2 Ver.2.3.0
-ニコンのソフトウェアや製品のファームウェアのアップデート情報をお知らせるソフトウェア「Nikon Message Center 2」の最新版。
-新しい製品カテゴリ追加時、[環境設定] の [ファームウェア] で表示されるカテゴリリストをサーバーからダウンロードして表示可能に。

Wireless Transmitter Utility Ver.1.6.1
-通信ユニット「UT-1」や「D5」「D4S」「D4」内蔵有線LAN、ワイヤレストランスミッター「WT-7」「WT-6」「WT-5」「WT-4」使用時の接続設定などを行うソフトウェア「Wireless Transmitter Utility」の最新版。
-「D5「D500」に対応。
-ワイヤレストランスミッター「WT-7」「WT-6」に対応。
-トルコ語に対応。
-Windows 10 に対応。

03/21
(月・祝)
●カメラ記者クラブ
カメラグランプリ2016「あなたが選ぶベストカメラ賞」、明日3月22日より投票受付開始
-カメラ記者クラブ主催の「カメラグランプリ2016」で、読者投票による「あなたが選ぶベストカメラ賞」の投票受付を明日より開始。
-同賞は「ユーザーの皆さまの投票で最も優れた1機種を選ぶ」もの。
-投票専用サイトで受け付けを開始。
-投票者には抽選で、デジタルカメラやフォトアクセサリーをプレゼント。
-3月22日より投票受付開始。詳細は当該ページ参照。

03/20
(日)
●ビクセン
レンズの結露を防ぐUSB電源対応アクセサリー「レンズヒーター360」発表
−レンズ周囲に装着し、レンズにつく夜露などを防ぐアクセサリー「レンズヒーター360」。
-天体写真や湿気の多い環境での撮影時に、レンズ周辺を温めて、夜露付着を軽減。
-薄く柔らかな布製ヒーターユニットを採用。装着はマイルドファスナーでの取り付けに。
-電源コードも、低温時に硬くなりにくい特殊加工を採用。
-電源はUSB経由での供給。USB-Aコネクター採用により、通常のモバイルバッテリーの利用が可能。
-5000mAhの電源で4〜6時間の使用が可能に。
-大きさは30×600mm。レンズ外径は45〜100mm径のレンズに装着可能。
-10,000円。3月17日発売。

03/19
(土)
● アガイ商事、市川ソフトラボラトリー、イメージビジョン、 EIZO、セコニック 、ニッシンジャパン、ベルボン
写真用品専門メーカー7社共同のミニ展示会&セミナー「フォトアクセサリー・ビレッジ 2016関西」、3月21日大阪で開催
-写真用品専門メーカー7社共同による、写真が上手くなる「写真用品の活用術」を伝えるミニ展示会&セミナー「フォトアクセサリー・ビレッジ 2016関西」を、3月21日(月・祝)に開催。
-主催メーカーは、 アガイ商事、市川ソフトラボラトリー、イメージビジョン、 EIZO、セコニック 、ニッシンジャパン、ベルボンの7社。
-各社の製品展示やデモを展開。さらに各社45分のセミナーを展開。セミナーは事前申し込みが必要。
-日時は3月21日。開催時間は10〜17時。
-会場は、日本写真映像専門学校(大阪市東住吉区矢田1-5-9)。
-入場無料。詳細は当該ページ参照。

03/18
(金)
●リコーイメージング
フルサイズデジタル一眼レフ「PENTAX K-1」体感&トークライブ、3月19日名古屋、21日福岡で開催
-フルサイズデジタル一眼レフ「PENTAX K-1」の体験イベントを、明日、名古屋で開催。
-会場では、「K-1」の実機体験はもちろん、トークライブも開催。
-会場は、名古屋のナディアパーク デザインセンタービル3F(名古屋市中区栄3-18-1)。
-開催は3月19日(土)の一日のみ。時間は11:30〜17:30。
-3月21日(祝)は、福岡の西鉄ホール ソラリアステージ6Fで開催。12:30〜17:30。
-詳細は当該ページ参照。

03/17
(木)
●焦点工房
ライカM型レンズでAF撮影が可能な
世界初のAF電子マウントアダプター「TECHART LM-EA7」、予約受付開始!

-TECHART社が開発した、世界初の!ライカMレンズ用AFマウントアダプター「LM-EA7」の予約受付を開始。
-同アダプターを装着することで、ライカMマウントレンズをソニーα「Eマウント」機でAF撮影が可能。
-フォーカスは、マウントアダプター内のモーターにより駆動。
-コンティニュアスAF(AF-C)対応。
-Mマウント以外のレンズも、Mマウントに変換することで、AF撮影が可能に。
-繰り出し量は4.5mm。レンズ単体での最短撮影距離よりもさらに近接撮影が可能。
-レンズデータを10本まで記録可能。
-iOSやAndroidアプリを使い、Bluetooth経由で、ファームアップやレンズデータの修正が可能。
-対応機種は、:「ソニー・α7RII」「α7II(Ver2.0)」「α6300」。-42,800円。初期ロット50本限定。3月末発送予定。

[ソフトウエアUPDATE]
●アドビシステムズ
DNGコンバータ9.5アップデート(Windows)
DNGコンバータ9.5アップデート(Mac)
-各社RAWデータをDNG形式に変換するコンバータの最新版を公開。
-あらたに、「キヤノン・EOS-1D X MarkII」「EOS 80D」「EOS Kiss X80」、「ニコン・D5」「D500」、「オリンパス・PEN-F」「SH-3」、「パナソニック・DMC-CM10」「DMC-GF8」「DMC-TX1」、「SAMSUNG・NX3300」、「ソニー・α6300」などのRAWデータに対応。
-本日付で、CameraRaw、Phoroshop、Lightroomも最新版を公開。

03/16
(水)
●市川ソフトラボラトリー
高機能・高画質RAW現像ソフトSILKYPIXシリーズの
最新最上位版のパッケージ版「「SILKYPIX Developer Studio Pro7 ハイブリッド パッケージ版」発表

-純国産の高画質・高機能RAW現像ソフトの最新パッケージ版「SILKYPIX Developer Studio Pro7 ハイブリッド パッケージ版」を発表。
-今回のPro7では、RAW現像エンジンを改良し、ハイライトの色再現性や階調性を大幅に向上。
-さらに、新機能として、解像感とボケ味を調整するナチュラルシャープを搭載。
-部分補正ツールとして、円形補正や段階補正フィルターを搭載。
-ピント面とアウトフォーカス部分を自動検出し、自然で的確な輪郭強調ができるナチュラルシャープを搭載。
-輝度情報のみを調節可能なLトーンカーブ機能を新搭載。
-画像のレーティングに対応。カメラ内などでつけたレーティング機能を新搭載。
-31,500円。3月24日発売。

[ソフトウエアUPDATE]
●キヤノン
Print Studio Pro Ver.2.0.3
-簡単操作で高画質な写真プリントができるプラグインソフト「Print Studio Pro」の最新版を公開。
-今回のVer.2.0.3では、下記の点を改善。
-OS X El Capitan v10.11環境のみで、[登録済みレイアウト] などのプルダウンメニューが、正常に開けない点を修正。
-対象プリンターは「imagePROGRAF PRO-1000」。

03/15
(火)
●ニコンダイレクト
長さ調節が容易なコラボレーションストラップ
「Nikon×PORTER アジャスタブルロングストラップ Spice」、 ニコンダイレクト限定発売

-ニコンと吉田カバン(PORTER)とのコラボレーションによる アジャスタブルロングストラップ「Spice」、 ニコンダイレクト限定発売。
-同製品は、簡単な操作で、ストラップの長さを調整可能な、一眼レフ専用ストラップ。
-素材には、吉田カバンオリジナルのコーデュラダックを採用。
-長さの可変部分には、シートベルトにも採用されているナイロンテープ。
-体に触れる部分には綿ボンディング加工の柔らかいナイロンツイル素材に。
-色は、ブラック(ナイロンツイル)、Spice ブラック、Spice ネイビーの3種。
-長さは約790〜1,010mmまで可変可能。幅は約40mm。
-ニコンダイレクトのオンラインショップ、ニコンダイレクトストア、ニコンプラザや各地サービスセンターのみでの販売に。
-6,000円。03月25日発売。

03/14
(月)
●キヤノン
X二桁シリーズ初のWiFi/NFC搭載
APS1,800万画素エントリー系デジタル一眼レフ「EOS Kiss X80」発表

-デジタル一眼レフEOSシリーズのエントリーモデル「EOS Kiss X80」発表。
-「Kiss X70」の後継機であり、X二桁シリーズで初めて、WiFi/NFC機能を搭載。
-同機能により、スマートフォンはもちろん、フォトストレージ「Connect Station CS100」との連携も容易に。
-連続撮影枚数が大幅にアップ。JPEG時は「X70」の69枚から、「X80」では1,110枚に。RAW+JPEG時は4枚から5枚へ。
-イメージセンサーは先代と同じくAPSサイズの1,800万画素AMOSセンサーを搭載。
-画像処理エンジンは「X70」のDIGIC4から、あらたにDIGIC4+へと進化。
-背面ディスプレイは、3.0型ながらも、約92万ドットタイプに。
-光学ファインダーは、視野率95%、倍率約0.8倍のペンタダハミラー。
-大きさは約129.0×101.3×77.6mm。重さ約440g。
-オープンプライス。4月14日発売。

03/13
(日)
[ソフトウエアUPDATE]
●オリンパス
OLYMPUS Viewer 3(Windous) Ver.2.0.1
-同社RAWデータ対応の画像管理編集ソフト「OLYMPUS Viewer 3」のWindous用最新版。
-今回のVer,2,0,1では、不具合を修正。

03/12
(土)
●アルティザン&アーティスト
イタリアンレザーとアクリルテープを採用したシンプルでソフトな カメラストラップ「ACAM-100A」発表
-肌あたりのソフトな素材を採用したストラップ「ACAM-100Aを発表。
-同ストラップは、イタリアンレザーと、柔らかなアクリルテープを採用。長時間ストレスなく使えるタイプに。
-種類は「ダークブラウン×ベージュ」と「ブラック×ブラック」の2種を用意。
-幅20mm、長さは830〜1,4900mm。
-5,800円。3月10日発売。

03/11
(金)
[ファームウエアUPDATE]
●シグマ
「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports/ Contemporary」 キヤノン用・ニコン用ファームウェアアップデート
-超望遠ズーム「150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports」「同 Contemporary」のキヤノン用、ニコン用レンズファームウェアを公開。
-今回の最新レンズファームウエアでは、AFアルゴリズム改善により、超音波モーター駆動を最適化。
-AF速度を向上し、通常時や速度優先撮影時に、約20%〜最大50%の速度を向上。
-ファームアップには、「SIGMA USB DOCK」が必要。

03/10
(木)
●市川ソフトラボラトリー
RAW現像ソフト「SILKYPIX」シリーズの最新スタンダード版
「SILKYPIX Developer Studio 7(Windows/Mac OS)」ダウンロード版発売開始

-高機能高画質な純国産RAW現像ソフトの最新版「SILKYPIX Developer Studio 7」のスタンダード版を発売。
-同ソフトは、プロフェッショナル版と同じ画像処理エンジンを採用したもので、高い色分離やノイズリダクション機能を実現。
-前バージョンに比べ、階調再現性が向上し、幅広いダイナミックレンジを実現。
-さらに、ゴミ取り機能や覆い焼き/HDR機能なども搭載。
-新シャープネスにより、ボケの輪郭部分なども、より自然な再現に。
-レーティング機能も新搭載。
-16,200円。アップグレード版9,720円。3月9日よりダウンロード販売開始。

03/09
(水)
●マンフロット
ジッツオの一部製品の希望小売価格を3月下旬より改定。概ね10%前後の値上げに
-ジッツオの三脚や一脚、雲台などの価格を改定。約10%前後の値上げに。
-今回の価格改定について「引き続く為替の状況や原材料の高騰」により実施。
-ほぼ10%くらいの値上げに。具体的な新価格は当該ページを参照。
-三脚、一脚、雲台は3月23日、アクセサリー類は3月30日より改定。

03/08
(火)
●キヤノン
EOS M3の新標準ズーム付きキット
「EOS M3・EF-M15-45 IS STM レンズキット」「EOS M3・ダブルレンズキット2」「EOS M3・ダブルズームキット2」、発売日決定

-EOS M10と同時発表された、沈胴式のコンパクトな新標準ズーム「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」付きの「EOS M3」キットの発売日を決定。
-2月18日の発表当初、「3月下旬」としていたが、今回「3月25日発売」に。
-同レンズ関連の新キットは3種「EOS M3・EF-M15-45 IS STM レンズキット」「EOS M3・ダブルレンズキット2」「EOS M3・ダブルズームキット2」を用意。
-オープンプライス。3月25日発売。

03/07
(月)
●HSGi
Delkin 1900倍速 UHS-I/UHS-II Speed Class 3(U3)対応 SDHC/SDXC、国内発売開始
-米国Delkin Devices社の1900倍速 UHS-I/UHS-II Speed Class 3(U3)対応 SDHC/SDXCカードの国内販売を開始。
-最大書き込み速度は100MB/秒、最大読み出し速度285MB/秒の1900倍速を実現。
-同カードは、米国のDELKIN自社工場での製造に。
-ラインナップは、256GB、128GB、64GB、32GBの4種を用意。
-HSGiウェブショップ限定販売。
-256GB 30,769円、128GB 14,623円、64GB 8,381円、32GB 4,703円。3月7日発売開始予定。

03/06
(日)
●アルティザン&アーティスト
「アルティザン&アーティストブランド25周年記念フェア」開催中
-アルティザン&アーティストブランドの25周年記念フェアを、同社公式オンラインショップで開催中。
-同社オンラインショップで、16,200円以上購入すると、オリジナルカードケースをもれなくプレゼント。
-3月中は、週替わりで同社の人気製品のWebショップ限定セットを販売中。カメラ用リュック型バック販売中。
-さらに、新規会員登録でもれなく1,000ポイントをプレゼント。
-詳細は当該ページ参照。

03/05
(土)
●DigitalCamera.jp
デジタルカメラ売れ筋ランキング、2016年2月分公開
-マップカメラ様のご協力による、2016年2月のデジタルカメラ売れ筋ランキング。
-新品カメラはトップは、キャッシュバックキャンペーンもあり「D5300ダブルズームキット」、2位は「D5500ダブルズームキット」。3位は「LUMIX DMC-GM5K-KK ダブルレンズキット」に。
-さらに、4位には「ライカQ」が圏外よりランクアップ。
-中古カメラのトップは「EOS 7D」に。2位は「EOS 5D MarkII」。3位は「EOS 5D MarkIII」。
-4位は「EOS 6D」、5位には「D810」が9位からアンクアップ。


03/04
(金)
●オリンパス
E-M10 MarkIIや対象レンズ購入者・ユーザー登録者に
もれなくプレゼントがもらえる「OM-D E-M10 Mark II キッズフォトサポートキャンペーン」実施

-EVF搭載ミラーレス機「E-M10 MarkII」とレンズを対象としたプレゼントキャンペーンを実施。
-対象製品を購入し、ユーザー登録することで、もれなく、子供を対象にした撮影に便利な景品をプレゼント。
-応募期間は3月1日〜5月10日まで。申込期間は3月1日〜5月24日まで。
-プレゼント品は、「キルティングケース「CS-43」、自動開閉レンズキャップ「LC-37C」(シルバー/ブラック)、「子ども撮影ガイドブック」に。
-対象製品は、「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II ボディー」「同14-42mm EZレンズキット」「同EZダブルズームレンズキット」。
-「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8(シルバー/ブラック)」「 M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II」購入者には、JTBギフト券をプレゼント。
-詳細は当該ページ参照。
-3月1日よりキャンペーン実施中。

03/03
(木)
●カシオ
プレミアムオート機能を搭載した
24〜288mm相当の光学12倍ズーム搭載1/2.3型1,610万画素CCD機「EXILIM EX-ZS210」発表

-諸機能をバランスよく搭載したEXILIMシリーズのエントリー系モデル「EXILIM ZR210」発表。
-同機は、簡単操作できれいに写るプレミアムオートや肌をキレイに写すメイクアップ機能、アートショットなどを搭載。
-レンズに光学手ブレ補正式で24〜288mm相当の光学12倍ズームを搭載。
-イメージセンサーは、1/2.3型1,610万画素CCDを搭載。
-背面ディスプレイは3.0型。
-ボディーカラーは、シルバー、ブルー、ピンクを用意。
-大きさは104.5×61.9×26.4mm。重さ約179g。
-オープンプライス。

03/02
(水)
●ニコン
「iFデザイン賞 (プロダクト部門)」、レンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1 J5」が受賞
-ドイツのデザイン賞「iFデザイン賞 2016」で、「Nikon 1 J5」が「iFデザイン賞 2016(プロダクト部門)」を受賞。
-さらに、 倒立顕微鏡「ECLIPSE Ts2R」「ECLIPSE Ts2」が、ニコン製品ではじめての金賞を受賞。
-今回の「iFデザイン賞」では53か国から5,295件が応募。1,821点が受賞。さらに、75点が金賞を受賞。

●富士フイルム
「iFデザイン賞」、「X-Pro2」「X70」「X-T10」「XQ2」など各機種が受賞
-ドイツのデザイン賞「iFデザイン賞 2016」を、同社のXシリーズ4モデルが受賞。
-ミラーレス機では「FUJIFILM X-Pro2」「X-T10」、コンパクト機では「X70」と「XQ2」が受賞。
-さらに、4Kカメラ対応放送用ズームレンズ 「UA80x9」も同賞を受賞。

03/01
(火)
●富士フイルム
インスタントカラーフィルム「FP-100C」、今春で販売を終了。後継品はナシ
-定番インスタントカラーフィルム「FP-100C」、同社の在庫がなくなり次第、販売を終了。
-販売数量の大幅減少により、これ以上生産できない状況に。
-互換形状のポラロイド製品がすでに販売を完了していることもあり、今後、同タイプの製品の後継品はなくなる見込み。
-銀塩時代、多くのプロに愛用された製品が姿を消すことに。
-出荷終了時期は2016年春頃の見込み。

●富士フイルム
撮影用フィルター「富士フィルター」のND、IR、SCフィルターを6月より30%前後値上げ
-アセテートベースの撮影用フィルター「富士フィルター」の一部を値上げ。
-今回対象となるのは、光量調節用の「ND」、赤外用の「IR」、紫外線カットの「SC」の3種。
-理由として「需要の継続的な減少によりご提供が困難」になったためと説明。
-サイズは7.5cm、10cm、キャビネ、四切の全種。
-約30〜33%の値上げに。
-2016年6月以降の改訂に。



Google
WWW を検索 DigitalCamera.jp を検索

このWebサイト上の全ての画像及び文章の著作権は山田写真事務所DigitalCamera.jp)
またはそれぞれの原作者
が所有しています。
一切の許可なき転載を禁止します。

(C)1999-2016 Yamada Digital Photo Office & DigitalCamera.jp ALL RIGHTS RESERVED


mail to :
(E-MAILによるご質問、購入相談などはお受けしておりません )
This website does not sell the Digital camera.

バナー広告について

(Digitalcamera.gr.jp since 1999/12/08)
(Digitalcamera.jp since 2002/02/10)